2014.05.12

草食系女子必見!受け身恋愛でやってしまいがちな失敗・4つ


気になる相手に自分からアプローチするのがとっても苦手な草食系女子。自分から告白なんてもちろん、遊びに誘ったりするのも難しかったりしますよね。
今回はそんな「相手から来るのを待つ」タイプがついついやってしまいがちな失敗例をご紹介します。
相手から告白してもらうためにも、こんなNG行動には気をつけてみて。

1.陰からじっと見てる

好きなあの人に声をかける勇気はまだないけど、せめて遠くから見ていたい……。気持ちはわからなくもないけど、ちょっと待って。
「いつも見てるあの子、かわいいな…」なんて漫画のような展開はそうそうありません。むしろ、そんなにしょっちゅう無言で見つめられていたら、見られている側としては「俺、何かしたかな?」とか「いつも見られててちょっと怖いんだけど…」とかマイナスに転んじゃうことも。

あなたは気づかれていないつもりでも、見られている側は案外視線って気になるもの。「巨人の星」のお姉さんじゃないんだから、じっと見つめるのもほどほどに。

2.LINEでポエム

口下手だったり、気になる彼と面と向かってお話するのに自信のないアナタ。「口にするのはダメだけど、文章だったら伝えられるかも…」なんて、メールやLINEで思いの丈を送っていませんか?それもいいんだけど、気を付けないといけないのが、ついつい長くなっちゃうこと。しゃべりたいことや彼に伝えたいことを全部盛り込もうとすると、ものすごく長文のメッセージになっちゃうし、ましてや気持ちがほとばしって軽くポエム調が入っちゃったりしたらもう大変。

悲しいことに、書き手の熱と読み手の熱は必ずしもリンクしないもの。メッセージもらう側としては、長いだけでも一苦労なのに、内容にドン引き…なんてことにもなりかねません。メールやLINEは深夜のラブポエム状態にならないように気を付けて。

3.1対1は危険!

草食系女子の方がよくやってしまいがちなのが「しゃべるときに人と目を合わせられない」というもの。特に「わたし、人見知りなんで…」っていう人は気を付けて!
緊張から、目がキョロキョロ泳いじゃったり、しゃべる声がボソボソ声だったり、口角の上がっていないつまらなさそうな顔になっちゃってたりとか、しませんか?

意識してる相手だからこそ、緊張しちゃうのかもしれないけれど、そのせいでマイナス印象になっちゃったらもったいない。自分が人見知りで、二人だけだと緊張しちゃうのがわかっているなら、最初はグループで遊んだりするところから、カレとの会話に慣れて自然な空気を目指してみて。

4.喜びの反応は伝えよう

恋愛では彼に「この子、どう思ってるのかな?」っていうのがきちんと伝わるのが重要ですよね。何をしても、楽しんでくれたんだかつまらないんだか何もつかめない相手じゃ、彼もアプローチできなくなっちゃう。

だけど喜怒哀楽のうち、怒りや哀しみって無意識でも自然と溢れちゃうこともあるけど、喜びとか楽しいって気持ちは、頑張らないと伝わらないもの。喜びは少し大げさなくらいでもいいから、自分から意識的に出すようにして、彼に伝えてあげて。

おわりに

草食系女子って、なかなか自分から積極的に動けなかったり、感情表現が苦手だったりして「何を思ってるのかわからない」なんて受け取られちゃうことも。
そういうときは、漫画のセリフを借りてみるのもオススメ。

何を言ったらいいかわからなかったり、とっさに自分の言葉が出てこないとき、印象に残ってたり覚えてるセリフだったら口に出せるかも。
もし相手が気付いたら「このマンガずっと好きだったから、いつか言ってみたかったんだ♪」とか、そこから話題が広がるきっかけにもなるかも。

自分から誘えない「待ち」の恋愛を進めるカギは、相手へのあなたのリアクションひとつ。最初は自分の言葉で気持ちを伝えるのが難しくても、色々なところから手助けを探してきて、嬉しいや楽しいをたくさん伝えられるように頑張ってみて♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事