2010.08.18

気にいってるものほどすぐ破ける気が・・・ストッキングを少しでも長持ちさせる方法

せっかくデザインの気に入ったストッキングを、少し値段が高めだったけれど思い切って購入したのに…何回か使っただけで傷がついてしまった。そして新しいストッキングもまた、いつの間にか破けていたという悪循環…そろそろ抜け出さなくては!

そこで今回は、女性の皆さんそれぞれにとってのお気に入りのストッキングを長持ちさせる、ストッキングの手入れ方法、保存の仕方を紹介します。長く使えば使うほど、ほつれや伝線する確率も高くなりますが、少なくとも数十回以上は履いてから、そのストッキングとお別れしたいですよね。

手洗いする

使用したストッキングを、他の衣料などと一緒に洗濯機に放り込まず、手洗いしましょう。手でひとつひとつ丁寧に洗えば、洗濯機に入れたときのように服のフックやチャックに引っかかったり、デザインや刺繍の凝ったストッキング同士が絡まって引っ張りあったり、といった恐れがありません。

それに、自分の手を使って時間をかけて洗ったストッキングというのは、履くときに自然と細心の注意をはらい、大事に大事に使うものです。

ネットに入れて洗濯する

そうはいっても毎日ストッキングを履いている女性は特に、手洗いする時間がなかなか取れずに、使用したストッキングが溜まってしまい、今日履くものがない!なんて事態も起こりがちです。

手洗いする時間や手間が惜しく、他の衣服などと一緒に洗濯機で洗いたいときは、ストッキングだけをネットに入れて、極力他のものに触れない工夫をしましょう。

他の衣服と一緒に置かない

洗濯時だけではなく、保存するときも、できるだけ他の衣服と混ざらないようにしましょう。特にデザインが華奢で凝ったものほど、服のちょっとした部分に引っかかって破けたり、絡みついてほどくのに時間がかかったりといった、ストッキングにありがちなトラブルを避けられます。

すべすべの足で履く

手入れされた、つるんと綺麗ですべすべな足でストッキングを履くように習慣づけることも、お気に入りのストッキングを長持ちさせるコツのひとつです。

逆に、足の皮膚がザラザラあるいはカサカサしすぎていると、履くときにストッキングがどこかに引っかかり、伝線してダメにしてしまいがちです。綺麗なストッキングを身につける足も、綺麗に保つようにしましょう。といっても、エステやダイエットではなく、例えばお風呂上りや就寝前にボディクリームを塗るなど、ちょっとした工夫で足は綺麗ですべすべになります。

予備を購入しておく

どんなに細心の注意をはらっていても、大事にしていても、好きなデザインのストッキングが破けてしまうことは、残念ながらやっぱり起こりうることです。

できればセール期間中を見計らって、2足か3足ほど買っておくほうがいいかもしれません。どんなに可愛いデザインでも小さいサイズを買ってしまうと、履くときに伸ばして破きがちなので、サイズも自分の足や腰まわりに合ったものを選びましょう。

関連記事