2014.05.19

セックスレスにならないために心がけたいこと・4選


どんなに愛情があっても、様々な理由からセックスレスになってしまうことはあります。愛し合っている安心感がセックスレスにつながってしまうというのも、あり得ないことではありません。
ですが、やはり愛する人とは心だけでなく体でもずっと愛し合っていたいもの。今回はセックスレスを回避するのに有効と思われる4つのポイントをエルシーラブコスメティックが行ったアンケート「【働く女性に質問】社会人になってから、セックスレスだった期間は?」内の追加質問「(セックスレスだった)理由を教えてください。セックスレスを解消したきっかけや久々のセックスでのエピソードも教えてください」から探ってみました。
あなたのセックスレスには、思いも寄らない解決策があるかもしれません。

1.休みを合わせる

「お互いの休みが合わずなかなか会うことができなかった」

いくらお互いが好きで連絡を密に取り合っていても、休みが合わなければ、「翌日のことを考えると今日はちょっと……」と消極的になってしまうでしょう。もちろん、会うこと自体難しくなる場合もあります。
仕事は大事ですが、たまには多少無理をしてでもゆっくり会う時間を捻出しないと、セックスレスへと突入する危険性が高くなります。社会人の恋愛は、少々の無理や努力も必要なのです。

2.休養をしっかりとる

「求められても『疲れているから』『面倒だから』と断ることが増えました」
「誘っても疲れてるの一点張りでした」

十分な体力があってこそ健全な性欲も湧くものです。疲れていては「セックスよりもまずは寝たい……」となるのも道理。
彼が疲れている場合はおいしく栄養のある料理でもてなす、居心地のいい空間でリラックスしてもらうなどの工夫をしてみては。

3.出産しても2人の時間をとる

「次男が産まれてからなんとなく……」
「出産後セックスレスだったが、子供たちが不在の間に復活」

出産を機にセックスレスになってしまう女性は非常に多いです。その理由の多くが「子供に邪魔されて……」というもの。家族の協力を得たり、託児サービスを利用したりするなどで、意識して二人だけの時間を持つようにしたいものです。

4.積極的に迫ってみる

「久しぶりのデートのお誘いで『抱いて……』と甘えてセックスしました。一度するとまたしたくなって……セックスレスは解消」

セックスレスになる理由のひとつに、ある程度期間が空くと「今さら誘いづらい」「どうせ誘ってもまた無理だろう」と思ってしまうことがあるようです。
そういう思いを払拭するには、今までよりもさらに積極的に相手を誘うしかありません。また、セックスレスについてパートナーときちんと話し合ったことで解決したという声もありました。照れずに自分の思いをきちんと伝えることが、セックスレスにならないためには必要です。

おわりに

セックスレスは「したくないから」なるのではなく、「できないから」が積み重なった結果なし崩し的になってしまうことが多いよう。であれば、「できない」をなるべく増やさないことが大事だといえるでしょう。

(早川舞/ハウコレ)

エルシーラブコスメティック
http://www.lovecosmetic.jp/
『セックスレスの期間…働く女性●割以上が3年以上も!?【LC秘密調査】』
http://www.lc-net.net/research/secret/se_210.html
関連キーワード

関連記事