2014.05.19

地方からやってきた「おのぼり男子」を狙うべき理由・5つ


「おのぼり男子」とは地方から都会にやってきた男の子のこと。「田舎っぽい」「ダサそう」と思うかもしれませんが、彼らにはわざわざ狙うべき理由がたくさんあります。遊びなれた都会ボーイは置いといて、今回は地方出身・「おのぼり男子」の魅力をご紹介します。

1.ドライブデートが出来る

「地方出身の男子は車とかバイクの免許両方持ってること多いからいいよね。しかもこだわってる人が多くて、かっこいい車で迎えに来てくれるの嬉しい」(25歳/看護)

免許を持っていないことには生活が成りたたない「おのぼり男子」。最近若者の免許離れが騒がれていますが、そんなこと「おのぼり男子」には無縁のハナシ。彼氏に車で迎えに来てもらったり、休日にバイク二人乗りで遠くに行くことができます。

2.自然派デートを楽しめる

「男の子と遊ぶって言ったらカラオケとか居酒屋が多かったけど、山梨出身の彼氏とは公園でバトミントンしてお弁当を食べたり、ハイキングに出かけたり、自然とふれあうデートが多くて楽しい」(21歳/編集)

緑に囲まれた環境で育った彼らは、自然とふれあうデートが大得意。マイナスイオンでリラックスできる上、お会計に悩む必要もなくなります。デートの内容にメリハリがつくのも嬉しいですね。

3.隠し切れない方言感に萌える

「方言を隠そうとしてるのか、標準語を話すときすごく丁寧になるのがかわいいです。そんなの見てたらこっちも優しい言葉をつかおうって思えるし」(24歳/公務員)

「おのぼり男子」の標準語は腫れものをさわるかのごとく丁寧です。それは、ふだん乱れた言葉がそそがれているあなたの耳にとても心地よいかもしれません。でも真剣になると方言に戻ることがあるので、それもまた良かったり。

4.実家がデカい

「地方から東京の大学に進学した人って実家が大きい人が多いよね。家は自営業だから将来は継ぐとか聞いて…結婚したいなー、なんて思っちゃった」(21歳/学生)

これは「おのぼり男子」ではなく「おのぼりボーイ」と呼ぶべきですね。息子を都会まで出して一人暮らしを支えられるなんて良い家柄のおぼっちゃんなのかも。社長夫人を目指すなら「おのぼりボーイ」を探してみて。

5.自分の色に染められる

「自分のファッションや髪型に迷ってる人が多いから、自分の好みに変えられる。肌がきれいであか抜ければなかなか!って人が多いしね」(23歳/モデル)

自分のスタイルに絶対の自信を持つ都会男子より、スタイルを決めかねている「おのぼり男子」ならあなたの色に染めることができます。好きな髪型、洋服、匂いにカスタマイズして、理想の恋人を作ったら、いつの間にか離れられないのはあなたのほうだったりして。

おわりに

いかがでしょうか。地方から東京に進学・就職した「おのぼり男子」は向上心が強く、男らしい人が多いです。あなたが都会の中でもたくましく生きている彼らに、心惹かれる日は近いかも?

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事