残されたサークルモテの道!「オタサーの姫」になる方法・4つ


「大学生になったら、サークル恋愛とかしてリア充に…」と、妄想に胸を膨らませていた皆さん、いかがお過ごしでしょうか。入学して数ヶ月、「最初のキャラ設定を間違えた」「リア充の勢いについていけなかった」「自分より可愛い子がわんさかいた」そんなこんなで、リア充サークルモテライフをすでに断念してしまった方も多いのではないでしょうか。いいえ、諦めるのはまだ早い!そんなあなたに残された道、それは「オタサーの姫」になることです!

オタサーの姫とは?

大学のサークルには、「テニサー」「アウトドアサー」などのリア充の巣窟サークルのほか、「アニメ・声優研究会」「鉄道写真サークル」といったニッチな分野の趣味、いわゆるオタクのサークルも存在します。こういった「オタサー」は分野によっては非リア男子の巣窟であり、サークル内女子率と男子のリア充度の低さゆえ、そこに存在する女子が貴重価値を持ちます。ここからうまく男子の気を惹くことで、「オタサーの姫」となるのです。では、その方法を実際にオタサーで悠々自適生活を送る姫への取材を元に見ていきましょう。

1.「理想だけど手が届きそうな女子」を演出

「基本的には黒髪。ショートよりもストレートロングのほうがいいんじゃない?あいつらわかりやすいのが好きだから。服装も甘めか清楚系かな」(漫画研究会/20歳)

そう話すこの姫は黒髪ロングのぱっつん前髪。リア充臭あふれる女子に恐怖を覚えるオタサー男子は、「清楚でおしとやか」な女子を好む傾向にあります。それに沿って、ファッション、メイクも「典型的清楚女子」をイメージし、シンプルガーリーを基本に、彼らが気負わないよう若干ダサめに仕上げましょう。サークルの種類によっては、フリルやニーソを使用した「アイドル系」「ヒロイン系」もおすすめです。

2.「同じものが好き」で心を開かせる

「もともと乙女ゲームが好きなんだけど、男子向けのも好きな方がいいと思う。私とか
エロゲも好きで『わかる~◯◯ちゃん可愛すぎる~ほんと嫁にしたい~』とかキャラの話
してるもん」(ゲーム研究会/21歳)

「オタサー」に入ったからにはその分野に詳しくなければいけませんが、自分のフィールドに加え、オタサー男子のメインフィールドにも愛情を注ぎましょう。中学生の頃に、大好きな彼が好きなバンドの曲を自分も勉強した…そんな感じです。これまで女子から賛同を受けた経験が少ないオタサー男子には特に効果的で、「この子はわかってくれる」と心を開くことでしょう。また、男子のプライドを守り、「教えてあげたい欲」を刺激するため、オタク度は極めすぎないようにしましょう。

3.「女」をあざとくアピール

「男子全員に気がある素振りを見せる。そわそわしちゃってさー、めっちゃ楽しいww」
(ロボットアニメ研究会/19歳)

『あなたといると落ち着く』『ドキドキしちゃった』など、「明らかに気がある」感を出していきましょう。また、棒アイスを舐める、ブラをチラ見せするなど、あからさまなエロアピールも割りと効果的です。オタサー男子は女子の言動から何かを察することは苦手なので、ぱっと見ですぐ分かるぐらいのあからさまなアピールのほうが有効でしょう。とはいえ、「皆にちやほやされるけれど誰のものでもない」からこその「姫」なので、それを忘れず、うっかり告白されないよう、絶妙な距離感を保ち、個々人には「あなただけ」と思わせつつも実際は皆に平等に振る舞いましょう。

4.自虐で「守ってあげなきゃ」を誘う

「自分に自信がなくて『私なんてブスだし…』とか言うと、即座に否定して、私の好きなところとかいっぱい言ってくれる。やっぱり、褒められるのって気持ちいい笑」(コスプレサークル/20歳)

あまりにもネガティブで自己肯定が足りない発言は、「フォローを求められているようで鬱陶しい」と思われがちですが、オタサー男子にとっては「女子にアピールできるポイント」。即座に優しくフォローを入れてきます。ネガティブ発言→フォローをもらう→ステップ3の「あなただけ感」を出す、これをうまくサイクル化することができたら、オタサーの姫の完成です。何かにつけて「俺が守ってあげなきゃ」「俺がやってあげなきゃ」と思われるようになります。

おわりに

いかがでしたか?自分のモテるフィールドを見つけることは大切です。
覚えておいて欲しいのは、どんなにちやほやされても「オタサーの姫」であるということ。サークルから一歩出れば、マウンティング女子にもリア充男子からも相手にされないことは変わりません。オタサーの姫が染み付いてしまえば、もうオタサーの中でしか生きていけないのです。その道を選ぶなら、覚悟を忘れてはいけませんよ。

(Sakura/ハウコレ)