2014.05.20

男子が「オレの彼女最高じゃん!」とニンマリしちゃうエッチ・5つ


エッチの時に男子が、女子が恥じらう姿を「可愛い」と思われるのは最初だけです。ですから長く愛される彼女になるためには、男子が喜ぶエッチのあれこれを知っておくことも必要だと言えます。今回は、もっとラブラブなカップルになるために知っていきたいこと、つまり、「男子が、オレの彼女、最高じゃん!」と思ったエッチのパターンについてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。

1.女子の方からエッチに誘ってくれる

「ぼくの膝の上に彼女が座って、Yシャツの上から乳首をコリってくれたこととか、ソファに並んで座っているときに、デニムの上からアソコを触ってくれたときというのは、すごく嬉しかったです」(27歳/出版)

女子にいかに「このヤリチン!」と思われないようにエッチに誘うか?ということに頭を悩ませています。よって、女子からさっとエッチに誘ってくれた経験というのは男子にとって「最高の経験」なのです。

2.恥ずかしがらないで四つん這いになってくれる

「女子って、よく恥ずかしいって言いますよね。恥ずかしいからあれはできない、アソコは見せられないとか言いますよね。恥ずかしがらずに四つん這いになってくれた女子って、最高です。今の彼女なんですがそういう所が大好きです」(23歳/大学生)

四つん這いになったらアナルが丸見えになるので、女子にとっては勇気がいると思いますが、その勇気こそを男子は評価しているのです。アナルがどうというようなことは気にしていないですから、四つん這いになるシーンではぜひ積極なところを見せてあげてくださいね。

3.一度言ったことを覚えていてくれる

「ぼくが『フェラしながら乳首もコリってよ』とか『フェラのときは裏筋が一番感じる』と言えば、次回のエッチのとき、それを覚えてくれていて進んでやってくれる女子って最高っす!」(24歳/IT)

老舗が繁盛する理由と同じですよね。老舗にはゆうに1,000人を超える顧客がいますが、一人ひとりのことをすべて覚えて、個別に対応してくれるホスピタリティの精神が老舗ののれんを守っています。エッチもそれと一緒ってことでしょう。細かい要求にもしっかりと対応する姿勢を見れば、愛を感じた彼氏は必ず喜びますよ。

4.「そこ気持ちいい」などと自己申告してくれる

「やっぱり、『そこが気持ちいい』とか『もっと舐めて』と、気持ちいいことを自己申告してくれた女子って、最高にステキですよね!」(26歳/電機)

恥ずかしがらないで、気持ちいいところをちゃんと言うことが、男心に火をつけるってことです。恥じらいのないエッチをする女子はイヤだという男子もいますが、何回かエッチを重ねてくると空気を読みつつエッチをすることが大事ってことですよね。

5.エッチの最中ににっこり微笑んでくれる

「エッチの最中に恥ずかしがって目を合わせない女子もいましたが、フェラが終わるとにっこりと微笑んでくれるとか、クンニが終わると、笑顔でキスしてくれる女子って、最高です」(27歳/会社経営)

最近の女子向けAVには、ことあるごとに微笑んで見つめ合ってキスをするシーンがたくさんあります。男子も女子の気持ちを理解しつつエッチする時代になったのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
女子向けAVの話を5で少ししましたが、ひと昔前のように女子が嫌がるようなエッチのが減って、女子が満足するエッチをしたいと考えている男子が増えているのかもしれません。
お互いにエロくなって、舐め合ったり触り合ったりすることで愛が芽生えるわけですから、気持ちいいところを素直に口にしたり、ソフトにエッチに誘ってみたり女子が積極的になって素敵なエッチを演出してみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事