2014.05.25

彼も思わず圧死!?「恋愛重すぎ彼女」の特徴・5つ


相手からの猛烈なアプローチで付き合ったのに、気づくと彼を追いかけ、しまいには重いから別れてなんて言われてしまう恋愛パターンの女子って、結構いますよね。
ただ真剣交際をのぞんでいるだけなのに、重いと引かれてしまうのはなぜなのでしょう?
その理由を解明すべく、今回は重すぎる彼女に圧死させられた経験のある20代男子に意見を聞いて参りました。ご自分は大丈夫か是非チェックしてみてくださいね。

1.何度も「好き?」と聞いてくる

「四六時中、私のこと好き?って聞いてくる彼女。最初はそういうところも可愛かったんだけど、段々重く感じて、付き合い自体がしんどくなってきてしまった。」(25歳/飲食)

大好きな彼に沢山愛情表現をしてもらいたい気持ちはわかりますが、誘導尋問のように無理に言わせても意味がありません。
「泣かぬなら泣くまでまとうホトトギス」ならぬ、「言わぬなら言うまで待とう彼氏殿」。
彼が自発的に好きと言いたくなるまで待つ姿勢を持ってみてください。

2.やたらに親に会いたがる

「付き合ってまだ日が浅いのに親に挨拶したいとか言われると、周りから固められているようで怖い。結婚を強要されているようにも感じるし・・。」(27歳/商社)

恋人の両親へ会いたがるのは基本誠実で好印象だと思います。
ただし結婚適齢期で付き合って日も浅いとなると、結婚を焦っていると誤解をされかねません。
結婚したい彼と出会っても焦りは禁物。周り云々は所詮関係なく、一番大切なことは彼との信頼関係を深めていくことだということを忘れず、彼との関係を確固たるものにしていってください。

3.手づくりのプレゼントをしてくる

「誕生日に彼女から手編みのマフラーをもらってドン引きした。高校生ならまだしも、いい大人が手作りって・・。なんかそのマフラーまいて浮気でもしたら首が締まる仕掛けにでもなってるんじゃないかって警戒したよ(笑)」(24歳/不動産)

手づくりのプレゼントは一概に悪いとは思いませんが、好きな人と嫌いな人が分かれるものなのかもしれませんね。なので、事前リサーチができていない場合にはお店で買ったものもをプレゼントするのが無難でしょう。

4.行動をすべて把握したがる

「毎日、どこで何をしているのか逐一報告させてきていた元カノ。別にやましいことなんて何もなかったけど、めんどくさいし息苦しかったね。幼児の保護者でもあるまい・・付き合ってらんねー!」(20歳/学生)

大好きな彼がどこで何をやっているのか、気になるのかもしれませんが、彼以外に注力することを見つけ、彼を追いかけまわさないように心掛けてみてください。
近年では彼氏にGPSをつける女子もいるのだとか・・。
彼氏は仮釈放中の犯人ではありません。どうか無罪の彼に自由を!
因みに彼に浮気の前科がある場合、話は別です。

5.連絡しないと怒り泣きする

「数日、忙しくて彼女に連絡しなかったら『なんで連絡とれなかったの!』と僕の状況を気遣う素振りもなく、泣きながら激怒。誠実ぶってただけの重い女だったんだ、とがっかりした。」(28歳/勤務医)

日々、連絡をとっていた相手と急に音信不通になったら、そりゃ誰だって心配になりますよね。でもその心配のベクトルの違いが“誠実”か“重い”かの分かれ道になってしまうと思うのです。
彼のことを考え、“事故にでもあったのでは?”と心配するのと、“私と別れようとしてるんじゃ?”と我が身だけを心配するのとでは全くベクトルが異なります。
前者のように相手への思いやりから生まれる涙であれば彼もがっかりはしなかったはず。
お互いに思いやりのある関係を目指せるといいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
軽いビッチ女子は嫌だといいながら真面目で重い女子も嫌だなんて…男子とは本当に身勝手ですよね。とはいえ、そんな男子を好きになってしまうのが私たち女子の性…。
あなたの真剣な想いを“重い”ではなく“誠実”と受け取ってもらえるよう、彼への思いやりを大切に、愛を育んでいってください。

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事