2014.05.28

イケメン美容師に聞いた!女性客が担当美容師と恋をはじめる方法・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

イケメンが多い職業と聞かれて、みなさんは何を思い浮かべますか? まわりの女性に聞いてみると、多く返ってきたのが「美容師」という答え。美容師といえば、お客様を美しくするのがお仕事ですから、自分を美しく見せる技術にも長けているのかもしれませんね。

かくいう私の担当美容師も、黒縁メガネが似合う年下のイケメン君。先日、ヘアカットついでに、美容師の恋愛事情を取材してみると、お客だった女性と付き合ったり、結婚したりするケースは、意外と多いとのこと。というわけで、現役美容師の彼から、女性客が美容師と仲良くなる方法を聞き出してみました。

1.彼女アリ?ナシ?を探る方法

アプローチする前に調べておきたいのが、彼女(または妻子)のアリナシ。残念ながら、仕事中は結婚指輪やペアリングをつけられないため、判断材料にはなりません。ここは、トーク内容から探るしかないようです。幸い、美容師はお客から恋愛相談を受けることも多いため、その手の話は慣れっこ。「いい出会いがなくて……」という切り出しから、恋愛トークを展開し、「○○さんはどうですか?」と質問してみましょう。

2.写真を見て指名でフライングスタート

最近では、インターネットやチラシに、従業員の顔写真を掲載している美容院もありますよね。美容師さん曰く、「○○さんの写真を見て来ちゃいました」というのは、素直に嬉しいことなんだそう。うまくいけば、初めての来店から、一気に距離を縮めることができるかもしれません。

3.まずはSNSで繋がる

美容師さんとプライベートでも親しくなるために、早めに済ませておきたいのが連絡先交換。いまは、SNSという便利なツールがありますから、これを使わない手はありません。まずは施術中、「写真撮ってFacebookにアップしていいですか?」と尋ねてみて(ダメ押しで「お店の宣伝しておきますね」と言えば断りにくいはず!)、その流れから、彼のアカウント名を教えてもらったら、その場で早速友達申請。帰宅後、「今日はありがとうございました! 新しい髪型、友人にも大好評です♪」などとメッセージしてみましょう。

4.お見送りタイムがチャンス

SNSで繋がれない場合は、帰り際にドアの外まで出てきてくれる「お見送りタイム」がチャンス! 予め、施術中に、「今度、飲みにいきましょうよー」という会話を交わしておき、お見送りで二人きりになったタイミングで、「よかったら本当に飲みに連れて行ってください」と、名刺や連絡先を書いたメモもサッと渡しましょう。ただ、お店が忙しいと省略されてしまうこともあるので、比較的空いている時間帯を狙って来店するといいかもしれません。

5.女性スタイリストを間に挟む

イケメン美容師さん相手だと、緊張して上手く話せない……そんなシャイなあなたには、女性スタイリストを間に挟むことをオススメします。シャンプーなどで、女性スタイリストさんにバトンタッチしたときに、「○○君ってモテそうですよね。彼女いるのかな?」と探りを入れたり、それとなく好意を伝えたりしてみましょう。その話が、女性スタイストさんから本人に伝わって晴れてカップルに、という過去の実例もあるそうです。

おわりに

いかがでしたか? 美容師としては、相手がお客様という立場上、タイプの女性がいても自分から口説くのは難しいのだとか。晴れてお付き合いすることになったカップルの例を見ても、その9割が女性から積極的にアプローチした結果だそう。つまり、イケメン美容師とは、仲良くなったもん勝ち! 気になる担当美容師さんには、是非、勇気を出して声をかけてみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事