2014.05.30

日差しの下で視線を独占!究極愛されアウトドアメイク


レジャーシーズン到来。海にBBQにキャンプなどなど、男の子たちと一緒にアウトドアを楽しむ回数が多くなってきますよね。そんなときにも、いつもと同じメイクで出かけようとしていませんか? それって、NOT モテ! レジャーにはレジャー用のメイクがあります。ファッションだけじゃなくて、メイクもきちんとTPOをわきまえれば、もっともっと愛されること間違いなし♪

1. マット肌よりもツヤ肌に

ベースメイクはマットな質感よりも、ツヤ感を大事にしましょう。リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、みずみずしいテクスチャーのものがおすすめ。厚く重ねると重たい印象になってしまうため、薄く肌全体につけるだけでOK。ただし、小鼻の周りはテカりやすいので、最後にきちんとパウダーで抑えるようにしてくださいね。

2. アイメイクはマスカラとアイライン重視で


アイメイクのポイントは、マスカラとアイライン。二つをのせる前に、まずは薄めのブラウンを単色でアイホール全体に伸ばします。下まぶたにはアイシャドウを塗らなくてOK。続いてアイラインをオン。まぶたのキワに細めに描いていきます。目尻は少し長め(5mmくらい)にして、まつ毛の端に見えるようにしましょう。マスカラはロングタイプのものをチョイス。ボリュームよりもロングのほうが、女性らしさが表現しやすくなるため、モテ度がアップしますよ。

3. アイシャドウでアイラインの印象を柔らかく


2で塗ったアイラインの上に、ブラックもしくは濃いめのブラウンシャドウを重ねていきます。細めのブラシにアイシャドウをとり、アイライン線上にのせていきましょう。パウダーが重なることで少し柔らかな印象が与えられるため、目元がナチュラルに仕上がります。そのため、カラーを選ぶ際には、基本的にラメ入りはNG。自然光の下では悪目立ちしてしまうので、できるだけマットなカラーにしてくださいね。

4. 眉毛は明るめブラウンで


眉毛は髪色に合わせて、明るめブラウンに。眉山はほぼ作らずゆるやかなカーブを描きながら、眉尻に持っていきます。また、眉尻は細くなり過ぎないように注意。全体的に気持ち太めに仕上げるようにしてください。最後に、眉色が黒い人はマスカラでトーンを合わせるのを忘れずに。

5. チークにはパールを効かせて


チークにはツヤ感を与えるのがポイント。ピンク系のパールが強すぎないタイプのチークを選びます。チークブラシにパウダーをとったら、ちょうど日焼けしたときに赤くなる部分を中心に横だ円に、何度もすべらせながらのせていきましょう。

6. リップは薬用リップでOK

リップは、薬用のリップクリームを塗るだけでOK。あえて、塗らない作戦が◎。

7. 完成


アウトドアメイクの完成! きちんと手はかけているけれど、あえてアイシャドウは単色だったり、あえてリップは塗らなかったりと、ところどころにヌケポイントを入れています。屋外でワイワイ騒ぐような場所で、キメッキメのバッチリメイクで現れて引かれないためにも、愛されメイクをマスターしてくださいね。


(モデル:小林真琴)
(ヘアメイク:弾塚凌)
(撮影:山本雄祐)
関連キーワード

関連記事