2014.05.31

大人も意外と盛り上がる!水族館デートがオススメなワケ・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

「初デートにどこへ行こうか迷っている」、「最近デートプランがマンネリ化してきて悩んでいる」そんなカップルのみなさんに、この夏オススメしたいのが、「水族館デート」です。「小学生の遠足じゃあるまいし……」と鼻で笑っている、そこのあなた。意外や意外、水族館には、大人のカップルを盛り上げてくれる仕掛けが、たくさん用意されているんですよ。

今回は、そんな水族館デートのオススメポイントをご紹介したいと思います。

1.照明効果

たとえ真昼間のデートであっても、いったん足を踏み入れると、薄暗い通路に水槽の明かりという組み合わせが、何ともロマンチックな水族館。暗い室内では、瞳孔が開いて黒目がちになるため、女性をより美しく見せてくれる効果も期待できます。何より、粗が目立ちません。

2.狭い水槽

ペンギンやアザラシなどの大型展示も見ものですが、やはりカップル向きなのは、壁に埋め込まれた小型の水槽。これを二人で覗き込むことで、自然に肩や腕を密着させることができるからです。「えー、どこにいるの?」と生き物を探しながら(いち早く発見しても、そこはわからないフリです)、彼との距離を縮めていきましょう。

3.話題確保

映画館デート同様、二人で一つのものを鑑賞するわけですから、話のネタには事欠きません。沈黙がおとずれがちな初デートでも、話題が少なくなったマンネリデートでも、「へー、こんな生き物いるんだ」「見て、あんなところにいるよ!」など、自然と会話が弾むことでしょう。

4.母性アピール

休日ともなると、家族連れで賑わう水族館。カップルの間に子どもが割り込んできたり、通路でぶつかってきたりしたときには、余裕の微笑みを浮かべることで、子ども好き=母性をアピールすることができます。
万が一、子どもが苦手という方は、平日や閉館間際の時間帯を狙うべし。子ども連れはほとんどいませんし、人もまばらでムード満点ですし、ボロを出すこともありません。

5.意外とエロイ

本能のままに生きている動物たちですから、交尾の真っ最中に遭遇することもしばしば。他にも、男性器を思わせる形状の生き物や、女性器のような動きをする生き物など、大人目線で見てみると、海洋生物って意外とエロティック。じっと見つめているうちに、二人の気分も盛り上がって……という効果もあるかも。

おわりに

水族館デートがオススメな理由、お分かりいただけましたでしょうか? また、これからの時期、屋内展示の多い水族館なら、天候にも左右されず、涼しい室内で汗をダラダラかかずにすむのも嬉しいポイント。この夏は、是非彼を誘って、お近くの水族館に足を運んでみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事