2010.08.27

温泉を満喫する方法

温泉に浸かるとリフレッシュして颯爽とできますよね☆疲労回復や美肌効果など、幅広い効果が期待される湯けむり漂う温泉を満喫して心底スカッとしましょう。

泉質と効能にこだわってみよう☆

温泉に浸かるとなんだか疲れが取れたり、肌がすべすべになったりしてうれしくなることってありますよね♪これは温泉の泉質による効能のおかげなのです。温泉はこの泉質によって分類されることがあります。鳥取県の温泉を例にあげますと皆生温泉はナトリウム、カルシウム塩化物泉という泉質で神経痛やリウマチ、皮膚病など幅広い効能があります。

泉質によって効能が様々です。どの泉質が何に効果があるのかということに着目して行く温泉を選んだりすると今までよりもさらに有意義に温泉に浸かれることでしょう♪

温泉に行く前の準備をしよう♪

温泉によってタオルやアメニティが備え付けられていないところもあります☆温泉に行く前にきっちりと且つコンパクトに準備をしておくと安心です。

温泉にもっていく主なもの
★タオル
湯めぐりする時に適した吸水性のあるタオルや、スポーツ用品店などで販売されている速乾性のあるタオルも、搾ってすぐ水気がきれるので効率的で良いかもしれません。

★シャンプー・リンス・ボディソープなどの洗面用具
ミニサイズのトラベルセットがおすすめです。
etc…

ビニール素材の温泉バックなど、便利グッズもあります♪

温泉に行こう!

旅館の日帰り入浴や、健康ランドなど温泉の形態も様々です♪オーシャンビューの露天風呂や、女性にうれしい岩盤浴付の温泉など、お目当てに合わせて温泉をセレクトするというのもいいかもしれません♪また、バラの花を浮かべたバラ湯など、日替わり湯の情報をホームページなどでチェックしておくというのもおすすめです☆また、気軽に足湯を楽しんでみるのもいいですね♪

それから、地方によって温泉手形で温泉を巡れる企画をしている地域もあります☆温泉手形とは、指定されている複数の温泉で入浴することができる入浴券のことです。

温泉手形の入手方法としては、各地域で様々ですが、温泉の最寄りの観光センターなどで購入をすることが挙げられます。それから、温泉手形には有効期限付きのものもあるので、計画を立てて湯めぐりをしましょう。

また、回数券を使って温泉に入浴するというのもお得♪

体調管理をきちんと

温泉に浸かるに際して大切なことは体調管理です。こまめに水分補給を行い、休憩をしながら温泉を楽しみましょう☆
健康的な入浴時間の目安として、
  • 42度のお湯:5分
  • 41度のお湯:10分
  • 40度のお湯:15分
  • 39度のお湯:20分
が挙げられます。

くれぐれも湯あたりなどに注意してください。少しでも体調が優れないときは無理をして入浴することは禁物です。別の機会に入浴することをおすすめします。それから、入浴時に体調が悪くなったら早めに近くにいる人に申し出ましょう。

もはや浸かるだけではない☆

温泉では場所によって温泉水を飲む「飲泉」ができたり、温泉の蒸気を吸うことで効果的な泉質の温泉もあります。源泉を汲んで持ち帰ることができるサービスを実施している温泉地もあるので、お家でも温泉の余韻を楽しむこともできますね♪

それから、温泉水が原料として使われている化粧水や洗顔石鹸などの温泉コスメも美肌効果が期待されます♪他に、温泉の蒸気を使用して蒸される温泉饅頭やプリンなどの温泉スイーツもおいしそうですね~♪

いかがでしたか?ぜひみなさんも温泉を満喫してリフレッシュしてみてください♪


関連記事