2014.06.01

言われたらカラダ目的!?男がセフレ候補にしか聞かないこと・5つ


みなさんは、恋人とセフレの境界線はなんだと思いますか?一般的には、そこに気持ちがあるかないかだと言われています。体だけの関係なんて不潔!という方も多いかもしれませんが、女子が大好きな海外ドラマでは当たり前のように曖昧な存在のボーイフレンド=セフレが登場します。でも、セフレはあくまでセフレ。男的には、“タダでやらせてくれる都合のいい相手”でしかないので、絶対に本命に昇格することはありえません。要は、格下に見られているわけです。

そこで今回は、男があなたをセフレか本命かを品定めしているときに聞きがちな質問をお教えしましょう。本命になりたいカレから、この質問をされたら要注意ですよ。セフレがいた経験があるモテリーマンたちが語る男視点のセフレ事情をお届けします。

1.SかMか

「自分でMって答える女は、すぐいける気がする」(28歳/商社)

友だち同士でもよく話題にあがる、「SかMか」問題。実は、この会話は、男にとって下ネタを振っていい相手かどうかを見極める試験的な意味合いがあります。ちなみに、「M」と答えた場合、男的には、「少し強引にいっても平気かも」という期待をいだき、「S」と答えた場合、「どんな風に責めてくれるんだろう」という妄想に至ります。まぁどっちにしても、男がこの質問をする時は、100%あなたのあられもない姿をイメージしてますよ。

2.最後にキスした日

「どんなHが好きかはNGだけど、これは意外と答えてくれる」(26歳/公務員)

その子の異性関係を探るうえで、具体的かつリアルな情報を得られるのが、「最後にキスしたのいつ?」という質問。だいたいキスした日にHもしてることが多いので、そこを探る狙いがあるそうです。ちなみに、狙い目は、彼氏がいなくてキスした日が1ヶ月以内の子なんだとか。その理由は、恋愛に前向きなモードだけど、彼氏にならなくても雰囲気で最後までいける可能性が高いからなんだそうです。男は、キスフレ(キスだけの関係)なんて信じません。

3.カップ数

「自分のスカウターが合ってるかを確認したい」(30歳/広告)

男はストレートに女の子に胸のサイズを聞きません。常套手段は、“貧乳いじり”です。「◯◯ちゃん、貧乳だからなぁ~」と小馬鹿にしたとき、Cカップを基準にリアクションがわかれるんだとか。Bカップ以下で貧乳を自覚してる女子は、「うるさい!」と開き直り、一方、Dカップ以上で、そこそこ胸に自信がある女子は、少しだけ勝ち誇った表情をするそうです。男はそれを見逃しません。かぶせ気味に、「隠れ巨乳なんだ~」と様子をさぐってくることでしょう。ここでFカップ以上ある女子は、もう少しだけドヤ顔を見せるんだとか。どちらにしても、カップ数を探られている時点で、男はあなたを性の対象として見ています。はい、揉む気満々です。

4.経験人数

「一桁台を言う女は信じられないけど、20人以上も引く」(34歳/会社経営)

男は経験人数で女性の貞操観念を計る傾向にあります。清純派の女性に憧れをいだくのはいつの時代も同じこと。でも、モテる子ほどアプローチが多いのは理解しているので、人数の多い少ないは問題になりません。この質問の意図は、あなたの経験人数のひとりに、軽い気持ちで自分がまぎれても平気かどうか。1/8と1/34だと印象が違いますよね。要は、やりたいけど責任は取りたくない気持ちの表れなんです。たまにあけっぴろげに人数を言う女子もいますが、それは確実に下に見られる行為なので気をつけましょう。

5.「今から、会える?」

「セフレは無料のデリヘル」(28歳/広告)

夜中に電話がかかってきて、「今から会える?」と聞かれたことはありませんか?それはただヤリたいだけです。冒頭のセリフは、的を射ていると感じたので採用しましたが、まさにその通り。ここまで来てしまうと、あなたはもはやただの性欲のはけくちでしかありません。そこに恋愛感情や思いやりを求めることは不可能です。ズルズル続けても時間の無駄なので、サクッと新しい恋を探しましょう。

おわりに

まだまだ日本ではネガティブなイメージが強いセフレですが、アメリカでは効率的な存在としてポジティブに捉えられています。スポーツセックスってやつでしょうか。一方、ブラジルのように男女の恋では「瞬間の盛り上がり」が一番大事とし、目と目が合ってビビッと来たらホテルに直行するなんて国から、スウェーデンのように結婚しててもフリーセックスOKな国も。国や文化によって異なるセフレ観。結局は、自分がしっくりくるスタイルが一番いいのかもしれませんね。でも、本命ができたらセフレ牧場は解散しないとダメですよ!

(高尾龍一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事