2014.06.01

「クローズ」に「ホットロード」も!不良系男子の魅力・5つ


映画「クローズ」の最新作が現在公開中ですが、そのお客さんの多くは若い女性なのだそう。ガリ勉メガネ君の受験戦争よりそういう不良同士のテッペン抗争的な内容がウケるのは、なんやかんや女子は「ワルイ系」の男子にキャッキャしてしまうからではないでしょうか。今回はそんな不良系男子たちの魅力をちまたの女子たちに聞きました。

1. その眼光

「目力がいいですね。反骨精神のかたまりで、意志が強そうな」(20歳/学生)

ささいなことでは動じない意志の強さが目に表れているのだそう。彼らはとにかくトラブル慣れしているので、日常の小さなことは気になりません。何かあったら逃げ出してしまうような軟弱な彼より男らしいです。

2.おちつくナワバリ

「身内はすっごい固い絆で結ばれていて、仲間想いです。私も一緒に居て心地いいのはそういう風に気を許してる雰囲気だからなのかも」(19歳/アパレル)

彼らにとって身内=ファミリー、お前の敵は俺の敵です。その雰囲気は完全に心を許している同士の心地よい空間。「俺のオンナ」とファミリーに紹介され一員として認められれば、ここより楽しい場所はないはず。

3. たまに見せる優しさにキュン

「ふだんは甘えたりしない周りにも厳しい不良男子が、たまに優しくしてくれたり弱っている姿にメロメロ。ギャップがたまらないです」(22歳/学生)

幾度の死線をくぐりぬけ、疲れ切った彼が唯一甘えられる場所。そう、それはあなたの腕の中にほかありません。ふだんはみんなにおそれられる存在の彼が自分にだけ弱い部分を見せてくれるなんて、母性本能もたぎるってもんです。

4. 守ってくれそう

「やっぱり『強い男』ってかっこいいよね。何からでも守ってくれそうだし、頼りになって男らしい」(21歳/事務)

不良界における絶対の力、それは「強さ」であることは間違いありません。そんなローマのコロッセオさながらの環境で戦ってきた彼らの持つ「強さ」はあなたをどんなときでも
守ってくれるでしょう。

5.何にも縛られない

「自分に自信がある人が多い気がする。いつでも自分らしくて、何にも縛られない自由奔放なところがいい」(23歳/運送)

仮に付き合うことになったとしても、すべて自分の思い通りにはいかないのが不良男子。自由奔放な彼らを縛りつける手段など存在しないのです。そこがまた、恋心を燃え上がらせるガソリンでもあります。

おわりに

いかがでしょうか。不良男子の魅力を集約すると「強くて仲間想いで自分を持っている」ことではないでしょうか。紡木たくさんの伝説的少女漫画「ホットロード」に出てくる暴走族の先輩・春山は主人公に対し「オレがいなきゃなんにもできねーよーな女んなるな。俺のことなんかいつでも捨てれる女んなれ。そんでも俺が追っかけてくよーな女になれ」と言っています。もし、あなたが不良男子の魅力にヤラレてしまったら、あまりにどっぷりつかりすぎず、不良男子にならって「自分を持つ」ということが大事ですね。

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事