2014.06.03

メリット山盛り!ランニングが女子の心と体にいい理由・5つ


薄着の季節になり、冬に溜めこんだ脂肪を減らすべくダイエットを始めた方も多いのではないでしょうか。
ダイエットは食事と運動が基本。中でも運動は普段からやっていないと面倒になってしまうもの。
スポーツには多くの種類がありますが、手軽に今日からでも始められるのはランニング。ウォーキングも同様ですが、時間あたりの消費カロリーを考えるとランニングのほうが効率もいいのでオススメです。
今回は、ランニング歴5年を超える筆者が、ランニングがどれほど女子の心と体にいい影響を与えるのかを挙げてみました。ダイエット以外の相乗効果も考えると、走らずにはいられなくなるかも♪

リバウンドしにくいカラダに

ランニングは有酸素運動です。脂肪燃焼に効果があるのはもちろん、心拍数もアップするので心肺能力や筋力アップも期待できます。
ダイエット成功の要は、やせる生活習慣を身につけること。短期間のきついダイエットでやせたとしても、元の生活習慣になってしまえば体型も元に戻ります。代謝アップできるランニングを生活習慣に取り入れることは、スリムな体型維持に役立つのです。

景色を楽しむことで心にゆとりができる

ランニングを日々の習慣として続けていくと、同じコースでも季節によって変化するのがわかります。
風の匂い、雲の高さ、日照時間、気温の変化……。日頃の通勤くらいでは天候や暑さ寒さくらいしか意識しませんが、走っている間は頭を空っぽにできるせいか、ちょっとした変化を肌で敏感に感じることができます。
一日の中のほんの数十分、ランニングをしながら街路樹や公園の花を眺める時間は、ストレスの多い女性の心に余裕と癒しを与えてくれるでしょう。

音楽を聴くことで脳を心地よく刺激

ただ走るだけでなく、五感をフルに活用するとよりランニングは楽しいものになります。
外を走るときは、目で景色を追ったりもできますが、ジムのランニングマシンではそれらを楽しむことができません。
そんな場合は、ゴキゲンになる曲をイヤホンで聴きながら走りましょう。外部の音を遮断すると、自身の呼吸音が聞こえなくなるためマイペースで走れます。
またランニング中は脳も活性化するので、周囲の雑音をカットすればより頭の中がクリアになります。思いがけないひらめきが得られたり、イライラしていた気分が汗とともにスッキリ流れる効果も。

達成感と習慣化が自分に自信をつける

ランニングを続けるためには、とにかくマイペースで走ること。走る速度も距離もコースも自在に決められるのだから、今まで走ったことのないビギナーは1kmからゆっくり始めるのが基本。疲れたら歩けばいいし、調子いいときは少し遠くまで行ってもいいし、時間がなければダッシュで1kmだけ、5分くらいで済ませてもいいのです。
大事なのは続けること。続けるうちに走ることに慣れ、体力がついて長い距離を楽しめるようになります。5km、10kmそれまで走れなかった距離を達成できると、自分に自信が生まれます。ランニングの習慣化により「続けることの大切さ」を実感すれば、恋愛や仕事や勉強も長距離走感覚でじっくり取り組めるようになれますよ。

コース選びやイベント参加で新たな出会いも

もはや日常の運動としては定番になってきたランニング。近所を走るのもいいですが、休日などはちょっと気合いを入れて遠征してみると、また違った楽しみ方ができます。
オススメは地域のランニングイベントや、ランニングサークルに参加すること。それらの情報は、ネットやランニングスポット(シャワーやロッカーを借りられる施設)やスポーツ用品ショップなどに出ていますので、チェックしてみて。
スイーツマラソンなどレース以外の楽しみがあるイベントに参加してもいいし、サークルに入って週末ランを楽しむ仲間ができれば、よりランニングが楽しくなります。共通の趣味から恋の出会いにも結びつきやすいので、可愛いウェアで臨みましょうね♪

まとめ

ウェアとシューズさえ揃えればすぐに始められるランニング。近所を走るだけなら支度も簡単だし、ジムへ通うといったコストや移動時間も不要です。
筆者も(途中故障したりサボったりした時期はあれど)通算5年以上続けてこれたのは、ひとえに手軽なことと多くのメリットを感じているから。
いいことずくめのランニング。あなたも明日から始めてみませんか?

(島田佳奈/ハウコレ)

関連記事