2014.06.04

6月は「情報感度が高く、風のような女」が愛される理由


本格的な夏をむかえる前に、そろそろ梅雨の時期をむかえそうですね。変わりやすいお天気ですが、気圧の変化等でみなさん体調や気分はいかがでしょうか?6月は占星術的にも非常に「変化の激しい」時期になります。変化を憂うか、それとも楽しむか!?出来れば後者でありたいものですね。さて、今月も12星座のパワーを取り入れてみましょう。

双子座=水星=情報の神様

6月の代表星座は双子座です。双子座を守護している惑星は「水星」。水星は「交通」「情報」「コミュニケーション」「商売」そして…「盗み」の神様です。6月が双子座の時期に突入する時は、同時に水星の意味も強まるので、この時期は以上のキーワードに焦点が当たります。
特に、この時期に「情報を仕入れる」「情報を拡散する」といったアクションにはツキがあります。

情報を流さないケチな態度はNG!

人間誰しも「このお店はおいしいから、他の人に知られて混んでしまったら困るから教えない!」など、何かしら「これは自分だけの秘密にしておきたい」と思うことがあるでしょう。しかしながらその時期に情報を流さないケチな態度をとっていると、いざという時にあなたに協力をしてくれる人が少なくなってしまいます。

人のウソに寛容になる

また、双子座すなわち水星は、コミュニケーションおよび嘘つきの神様でもあり、6月は多少ウソをついてでもその場を取り繕ったりするのが許される時期です。また、人のウソにも寛容になりましょう。友達が予定をドタキャンしてきたとしてその理由が「急に熱が出ちゃって(ほんとは寝坊しただけ)」だとしても、真実を問いつめるのではなく、「そっかー、お大事にね!」と軽く流せるくらいになりましょう。

新しい習い事に軽い気持ちで挑戦する

またこの時期は「軽い気持ちで」全く新しいことに挑戦するのがいいでしょう。この「軽い気持ちで」というのがミソです。「こんなこと始めて何になるんだろう」なんて思わなくていいのです。もし途中で飽きてしまったら、それはそれ。「自分に向いてなかったのだ」とさっとあきらめて次の興味の対象を探してみましょう。

おわりに

どうでしたか?この時期は風のようにフットワークが軽く、情報通な女性に焦点が当たる時期になります。そんな女性を目指してみてね☆

(アイビー茜/ハウコレ)

関連記事