2014.06.04

脇田尚揮の「バイオリズム統計占い」(6月5日~6月11日)


モデル・女優・芸能人のカウンセリングを中心に、テレビ、雑誌などで活動してきた認定心理カウンセラー「脇田尚揮」が、のべ6000人のカウンセリングデータから導き出した異性の心を掴むバイオリズム統計術を余さず公開!

このメソッドはあなたとあの人の関係性をエレメントから分析し、周期からなるバイオリズムに当てはめて、相手に対してどのようにアプローチをしていけば良いかを毎週毎に分析するものです。気になる彼のエレメントの項目をご参照下さい。

今週のオトす!バイオリズム(6月5日~6月11日)

◆火のエレメント(牡羊座・獅子座・射手座)

この時期のあの人は、上昇志向が強く前向きになっています。過去の経験を大切にし、一歩一歩着実に成功体験を積んでいくことができるでしょう。自分に厳しい姿勢なので、遊びの誘いや飲みの約束などは少し難しいかもしれません。あまりしつこく誘うと嫌われてしまう可能性もあるため、強引に誘わない方が無難でしょう。あの人はマイペースに自分のやるべきことに向かっていきたいので、それを見守る強さと優しさがあなたには必要。

◆土のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)

この時期のあの人は、我慢強さが特徴です。非常に忍耐強く、普通の人なら諦めてしまうようなことでも最後までやり遂げようと努力する時期です。しかしその反面、かなり自分の考えに固執して頑固になっているため、恋愛面で気持ちを変えてくれることは難しそうです。この時期あの人に何の作戦も持たずアプローチしても撃沈しかねないので、少し様子を見てみましょう。頑固になるということは無理をしているということです。

◆風のエレメント(双子座・天秤座・水瓶座)

この時期のあの人は、穏やかで親しみやすい雰囲気を持っています。これまでなかなか手出しができなかったあなたも、この時期ならあの人との接点ができやすそうです。誰とでも仲良くやっている時期なので、周囲に溶け込んでいるため気後れしてしまうかもしれませんが、むしろチャンスと言えそうです。どんなに気難しそうな相手でもこの週だけは縁が生まれやすいので、片思いのあなたでしたらこの週に友達になってみるのも良いかも。

◆水のエレメント(蟹座・蠍座・魚座)

この時期のあの人は、動物や植物、子供のように自分よりもかよわいものを慈しむ気持ちに満ちています。また人を育てることに縁があるようです。この時期あなたは、あまり自分の感情を優先させず、あの人の感情を最優先にしてあげると良いでしょう。あの人は防衛本能が高まっているため、時として厳しい姿勢を見せるかもしれません。あなたは親から諭されたように素直にそれを受け止めて感謝してみて下さい。

今週のワンポイント☆モテアドバイス

コミュニケーションを意味する水星が蟹座、恋愛の星・金星が牡牛座に位置しており、上弦の月が乙女座です。今週はつい守ってあげたくなるような女性が魅力的な時期。自分の中の女性性を目覚めさせて、彼の男性としての本能に火をつけてみて。気づかないうちにこちらのペースに巻き込んでいけるでしょう。

(脇田尚揮/ハウコレ)

関連記事