2014.06.07

女子が旅先から出会いに繋がった恋愛エピソード・4つ


マッチ・ドットコムジャパン株式会社が25〜35歳の独身男女247人に「度と恋愛」をテーマに調査を行いました。すると、「旅先で異性との出会いを期待する」と答えた男性は4割、女性は3割という結果が出たそうです。

女性に比べて男性の方が「旅先の恋愛」を期待しているということで、もしかしたら恋のきっかけは旅行先でも生まれるかも。今回はそんな女子が「旅先から出会いに繋がった恋愛エピソード」をリサーチしてみましたのでご紹介します。

1.きっかけはカメラのシャッター

「女ふたり旅の途中、道を歩いていた人にカメラのシャッターをお願いしたら、相手が優しい人で美味しい食事処を案内してくれた。特に友達が気に入ったみたいで、別れ際に思い切って連絡先を交換。旅行後も頻繁に連絡を取り合っているようですよ」(25歳/福祉)

観光地だと声をかけてくれる人もいて、妙に気持ちがホッとしますよね。地元民じゃないからと、親切心にあれこれ教えてくれるのかも。会話が弾んだら思い切って連絡先を交換するのも、まさに出会いのひとつになりそうです。

2.大学生グループと大盛り上がり

「女友達4人で海に行ったとき、海岸でナンパされました。相手は同じ大学生グループ。一緒ビーチバレーをしたのが、思いのほか楽しかったです。偶然、宿泊先も同じだったので、そのまま合コンのノリでカラオケ三昧。ひとりの子から熱心に口説かれて、数ヶ月付き合ったのは友達にも内緒です」(24歳/販売)

盛り上がったうえでの偶然なので、なおさら楽しそう。吊り橋効果と似て偶然のドキドキ感が味わえるのも、旅先の出会いならではかもしれません。

3.旅先をふたりで行動

「旅先で船に乗ったんですが、船内で男性に話しかけられました。船旅って意外と退屈で、そんな様子を相手も悟ったみたい。お互いにひとり旅だったし、雰囲気も悪くなかったので、そのまま旅先も一緒に行動。そろそろ付き合って1年になります」(27歳/メーカー)

そのまま旅先がデートになりそうですね。ハプニングが多い旅行なので、初対面とはいえ、相手のいろいろな一面を垣間見られるかも。

4.旅先で同じ地元民に遭遇

「恋人に振られてひとり旅に出かけた女友達が、ホテルのバーで声をかけられて恋に落ちました。相手は同じホテルに止まってる人で、同じ出身地。元々お酒が好きな子だったので、地元に帰ってきてもお互い暇を見つけては飲んでいるのだとか」(26歳/IT)

失恋が出会いを生んだのでしょうか。「お酒好き」といったお互いに共通点があると、話しかけやすい・話しかけられやすい確率もアップするかもしれません。

おわりに

おわり.
いかがでしたか?各エピソードを振り返ってみると、「宿泊先が同じ」「出身地が同じ」といった偶然がひとつでも見つかると、妙な運命を感じて恋に発展するケースが多いようです。あなたも旅行に出かける際は、積極的な行動を心がけて素敵な出会いをゲットしてみてはいかが?

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事