2014.06.07

リバウンドなし!失敗しないダイエット


肌見せファッションを楽しむシーズン到来! でも、太った体が気になる…。あれこれダイエットを試したけれど、リバウンドを繰り返して失敗ばかり…。そんな人のために今回は、情報にまどわされない、正しいダイエットについて伝授します。

単品ダイエットはなぜリバウンドしやすいのか

まず、リバウンドとは、ダイエットにチャレンジして半年ぐらいで体重が元に戻る、もしくはダイエット前より体重が増加することです。これまで話題になったダイエット法には、リンゴ、パイナップル、ゆで卵など、決まったものしか食べない単品ダイエットや、ご飯、パン、パスタのような炭水化物を抜くダイエットがありますよね。しかし、偏った食生活による無茶なダイエットは、リバウンドしてダイエット前より太ってしまうことが多く、健康を害することがあります。
一般的に、食事制限をすれば体重は減りますが、一ヶ月ぐらい経つと基礎代謝が落ちて、少ないエネルギーを脂肪に変える「停滞期」が訪れます。この時、栄養バランスが崩れた食事をほんの少し食べただけでも脂肪となり、それが蓄積されると肥満になります。
本気でダイエットを試みるなら、栄養バランスの摂れた食事と適度な運動で、体重は一ヶ月に0.5㎏ずつ、4ヶ月で2㎏減らすと、リバウンドに悩まされにくく、理想の身体へと近づくことができます。

半身浴、マッサージで脂肪は減らない

モデルやタレントが、半身浴やマッサージで、スリムな脚や二の腕を維持しているという話を耳にしたことがあるでしょう。しかし、これは科学的には根拠のない情報に踊らされて無駄な努力を続けていると、「太らない生き方」を提唱する医師が断言しています。
実際に、あるテレビ番組では、エステティックサロンで男女5人のモニターがハンドマッサージとマシーンによるダイエットコースを一週間、毎日体験した結果、くびれは出来るものの、体重も体脂肪率も減りませんでした。その理由を紐解くと、そもそも脂肪には脂肪膜がしっかり付いていて、熱を加えたり揉んだぐらいでつぶれたり消滅することはないからなのです。半身浴やサウナから出たあと体重が減るのは、汗で水分が減っただけで、再び水分を摂れば元に戻ります。また、リンパマッサージなどでムクミが解消されるとくびれは出来ますが、夜になると重力により、元に戻りやすいというのが体の原理。エネルギー代謝によって脂肪が燃えなければ、痩せることは難しいというのが現実なのです。

お腹ポッコリの原因は果糖にあり?!

野菜不足だから、毎日市販の野菜ジュースを飲んでいる、もしくは飲み物は冷たいものしか飲まないという人は、お腹ぽっこり体型になりやすいので要注意です! その理由は、果物やフルーツジュース、野菜ジュースには、「果糖」がたくさん含まれていて、腸からの吸収が早く、肝臓で脂肪に変わってどんどん蓄積される特徴があるからです。
また冷たい飲み物ばかり飲んでいると、身体が冷えて血行が悪くなり、胃のまわりに脂肪がつきやすくなります。例えば、冷たいバターは硬いのでナイフがなかなか入らないように、脂肪も脂ですから冷えていると硬く、取れにくくなります。
手足は細いのに、お腹だけポッコリ出ているという人、いつかへっ込むと思ったら大間違いです。最近、コンビニエンスストアでは、夏でも常温の水やお茶が買えるようになりました。また、ナスやキュウリのような体を冷やす野菜の摂り過ぎにも注意して、太りにくい体づくりを目指しましょう!

おわりに

スリムな体型を目指し、維持することは、イキイキしたライフスタイルにつながります。正しいダイエットの知識をしっかり把握して、自分だけでなく周りの人たちにも教えてあげましょう。

(米村亜希子/ハウコレ)

関連記事