2014.06.11

勘違いしてない?男性が「この子といたら癒される」と思うポイント


友達付き合いも良好で周りの人からも好かれてるし、合コンとかにもよく呼ばれる。割りと盛り上げ上手で、男女問わず友達が多くて「アネゴ」なんて呼ばれて慕われてたりする。
だけど気付くと合コン帰りはいつも一人…。幹事には感謝されるし、いつも声はかけられるのに、自分の恋愛だけがうまくいかないのはどうして?なんて悩んでる人はぜひコレをチェックしてみてね。今回は恋愛で役立つ、男の子が「この子といると癒されるな」って感じるポイントをご紹介します。

1.女子力アピールをしない

気になるカレの前でついついしたくなるのが女子力アピール。好きな人には自分を魅力的に見せたいものだし、「この前料理教室行ってきて~」とか「やっぱり自分磨きって大事だよね!」とか、頑張ってることを言いたい気持ちもわからなくはないわ。だけど気をつけたいのは、わざわざアピールしてる時点で自分には女子力がないって言ってるようなものだってこと。間違った女子力アピールほど男の子に引かれるものはありません!「能ある鷹は爪を隠す」じゃないけど、ふとした瞬間のしぐさや行動に感じる女らしさの方が、無理にアピールした女子力よりも印象に残るし魅力的。アピールしすぎが逆効果なこともあるって覚えておいて。

2.詮索をしない

好きなカレのことはいろいろ知ってたい!なんて思う気持ちもわからなくはないけど、なんでもかんでも詮索されるのは居心地の悪いもの。
特に世話焼きなアネゴ気質なタイプの人なんかだと、悪気なくいろいろ聞いちゃうことも。もちろんコミュニケーションとしてお互いのことをよく知るのは大事なんだけど、相手が嫌がってないかは常に気にかけてあげるのが必要です。あくまでも、お互いが気持ちよくいられる範囲でね。

3.うるさくしない

元気があって面白いタイプの子に多いんだけど、いつもそれだと自分も相手も疲れちゃうし、逆に落ち着きがない、うるさいとか思われちゃうことも。
男の子って、女の子のトーンが高くて大きな声ってあんまり好きじゃなかったりするし、癒しとは遠ざかっちゃう。カレが癒されたいって思ってそうだったら、普段より低めの声のトーンと笑顔で、落ち着いた女性を意識してみて。

4.ほっといてくれる

出掛ける前に「アレとコレは持った?あ、携帯忘れてない?大丈夫?」って心配したり、カレのすることを察して先回りしたり、すぐにやってあげちゃったりと、カレのことを気にかけてるつもりでも、やりすぎちゃうとウザがられちゃうことも。
気配り屋さんなのはいいんだけど、男の子はある程度ほっておいてほしかったり、自分の好きなようにやりたいって気持ちも大きいもの。
相手も子供じゃないんだから、やりすぎは禁物。お互いの心地良い距離感を見極めてみて。

おわりに

一緒にいたら癒されるな、安心できるなっていう女の子のことを、男の子はうざったいとか重いだなんて思いません。カレのこと、癒してあげたいと思ってるのになんだかいつもうまくいかない…そんなときは、男の子の望んでる癒しとアナタの思ってるものが食い違ってるのかも。
もちろん、女子力があって世話焼きで、面白い気配り上手な子もとっても良い子。だから本人も好きな人に悪気なくやってることが多いんだけど、実は「癒し」っていうのとは真逆のことになっちゃうこともあるのよね。残念な結果にならないよう、「癒し」の方向性がズレてないかたまに振り返って確認してみて。

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事