2014.06.12

絶対彼氏にしたくない!男子のダサすぎる行動・4選


皆さん、男子とのデートでドン引きしたことってありませんか?
せっかく楽しみにしていたデートなのに台無しにされ、『もう別れたい!』という衝動にかられた経験をしたことのある女子もいるのではないでしょうか。
ということで今回は女子学生の協力を頂き、男子のダサすぎる行動をリサーチしてきました。該当項目がある男子とお付き合いしている女子は是非彼に見せてすぐにでも直してもらいましょう!

1.食べ方が汚い

「ファミレスでカレーうどんの中にご飯を入れてぐちゃぐちゃに混ぜながら貪ってた元カレ。こっちの食欲が一気に失せた・・。」(21歳/大学生)

うどんとお米を混ぜるって・・これはなかなかやってくれましたね!
何も完璧なテーブルマナーまでは求めていませんが、食事の基本マナーは大切です。
ぺちゃくちゃと音を立てて食べたり、ボロボロこぼしたりというのは、見ていて相手を不快にさせてしまいます。お腹がどんなに減っていても本能のままに貪るのでなく、食事はキレイに楽しんでほしいものです。

2.1円単位のワリカン

「元カレとご飯に行ったとき、1円単位でのワリカンだった・・。学生だしワリカン賛成派だけど、細かすぎはキモイよね。」(20歳/大学生)」

お金を払いたい払いたくないということに関わらず、1円単位のワリカンはその器の小ささが引っかかりますよね。せめて端数くらいは払ってほしいという意見多数でした。また、お釣りを慣れた様子で募金するのは好印象という意見も!やはり金額よりもケチケチしていない男気が大切ということですね。

3.カフェで水を頼む

「初デートでカフェ行ったとき、奢ってやるよ!と言ってくれたところまではよかったのに、『俺は水だけでOKです。』って店員さんに言ってるのを聞いてドン引きした。だったらワリカンのがまし!」(18歳/短大生)

これはアラサー筆者的には可愛く、微笑ましいのですが、同年代だと・・。彼女に奢ってあげたい!けど節約もしたいということで自分の分は水にしたのでしょう。けれどもカフェはお茶するところ。ドリンクは最低、頼んでほしいところですね。お冷の彼を目の前に彼女もドリンクを飲みにくかったことでしょう。
奢ったにも関わらず、ケチっぽいイメージがついてしまうこの行動…。勿体なさすぎます!
優しさは評価できるところなので、ぜひともさり気なく矯正して素敵彼氏へと成長してほしいものです。

4.スポーツをズルしてまで勝とうとしてくる

「自称スポーツマンの彼とデートの時、卓球で勝負したら、彼が驚くほど下手だった!なのに、俺は男子の中では強い方と言い張り、最後はズルしてまで勝とうとしてきて、その必死さがダサすぎた。」(18歳/大学生)

ちなみにこの彼女、別に卓球が得意だった訳ではないとのこと。
男子たるものスポーツマンぶりたいのは分かりますが…。イタいですね。運動神経が悪いのは仕方ありませんが、スポーツマンを気取るならせめて精神だけでもスポーツマンに習い、潔く負けを認めるべきだったのではと思います。必死にズルするなんて小さい男丸出しです。

5.熱唱アンド熱演

「ドキドキしながら初めて彼家に行った時のこと。着くなり彼が『聞いてほしい。』とギターを持ち出し、ガチで歌い始めた。1時間ずっと下手な歌を聞かせられ、しまいには楽譜めくってと頼まれる始末。イタすぎて友達にも相談できない!」(19歳/専門生)

まるでジャイアンのリサイタルみたいな状況ですね!
せっかくのお家デートが地獄だったことが容易に想像できます。男子としては大好きな彼女に特技をアピールしたかったのでしょうが、下手の横付きに付き合わされてる方の身にもなってほしいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
アラサー筆者からすると、どれも若いうちのエピソードらしくて可愛いっちゃ可愛い気もしますが・・。学生時代を思い出すと、被害者女子のドン引きな気持ちに禿同します!
しかしながら、彼らに悪気はありません。別れてしまうのも一つの選択肢ですが、他に嫌なところがない場合には、さり気なくダサさに気づかせてあげて付き合いを続けていくのもいいと思います。好きな人からのアドバイスなら彼も必死に努力し改善してくれることでしょう。

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事