2010.08.30

iPhoneやiPodとOutlookの連絡先やカレンダーを同期する方法

iPhoneやiPodは連絡先を保存したり、カレンダーでスケジュールを管理したりできますよね。けど操作性の悪いiPodでいちいちこれらを登録するのは面倒。そこで、PCで使っているOutlookの連絡先やスケジュール情報を取り込み、簡単にデータを共有する方法を紹介します。(また、パソコンからiPhoneの連絡先を同期する方法もあるようです)

ステップ1 Outlookを設定しよう

まずはPCのOutlookを設定します。連絡先を同期させるには、あらかじめリストを作成しておかなければなりません。けど操作は簡単。Outlookの「メニュー」から「新規作成」を選び「配布リスト」をクリックし、iPhoneやiPod用のリストを作成します。これで設定は終了。

一方、カレンダーは特段設定する必要はありません。Outlookに登録済みのスケジュールなどをそのままiPhoneなどに転送できてしまいます。

ステップ2 iTunesを設定しよう

ではどうやってiPhoneやiPodにデータを取り込むのか。ポイントはiTunesです。iTunesの設定を変更するだけで、自動でデータの同期を図ります。

ここでの設定も簡単です。iTunesとiPhone、iPodを同期させたのち、「アドレスデータ」のタブから「「アドレスデータの同期元」を選択。「Microsoft Outlook」を指定します。カレンダーは、「Microsoft Outlookからカレンダーを同期」にチェックを入れます。これで設定は終了。あとは自動で連絡先やカレンダー情報を取得します。


おわり

iPhoneやiPodの連絡先やカレンダーといった機能を十分活用できずにいた人。これなら簡単登録で十分活用できてしまいます。音楽を聴いたり映像を見たりする以外の幅広い用途でiPhoneやiPodを活用したい人にはぜひオススメの活用術です。

関連キーワード

関連記事