2014.06.12

治らないニキビに悩む女子必見!「大人ニキビ」対策


治ったかと思うとまた現れ、悩みのタネとなることが多い大人ニキビ。思春期ニキビが皮脂過剰によって引き起こされるのに対し、大人ニキビは肌の乾燥や刺激によって肌バリアが低下し、角層が乱れることが主な原因なのです。

1. 大人ニキビができるプロセス

肌刺激を受けると角層が傷つき、炎症反応でその部分の角層が厚くなってきます。すると、角質が剥がれやすくなり、それが毛穴に入り込んで角栓となって毛穴づまりを起こします。毛穴の奥では出口を失った皮脂がたまり、常在菌のアクネ菌が増殖します。炎症が起きることで、毛穴が赤く腫れ、ニキビになるのです。

2. 大人ニキビ対策

大人ニキビ対策のカギは、角層の乱れを防ぐことです。しかし、ニキビを繰り返す人は、よかれと思ってしているスキンケアが逆に角層を乱し、ニキビの原因となっていることがあります。

先ずは洗顔!ニキビ対策=皮脂対策と考えて洗いすぎるのは厳禁です。肌の乾燥を招き、角層が傷ついてしまします。また、乾燥保湿ケアにも注意点があります。 水分を与え過ぎても、角層がふやけて角層の乱れを招き、かえって肌が乾燥することになりかねません。ニキビ部分もふやけて潰れやすくなり、跡が残ることもあるので注意してください。

また、ニキビの意外な悪化原因に、『顔の触りすぎ』があります。よく触っている部分にニキビは出やすいのです。髪をかきあげたり、口に手を当てたり、知らず知らずのうちに顔を触ってしまっていませんか? 触るという刺激が、角層の乱れを招き、ニキビの原因になります。触り癖 はストレスを感じている時に出やすいので、意識的に行動を変えてみてください。

3. 大人ニキビのスキンケア

大人ニキビ対策として、メイク・スキンケア方法もご紹介いたします。

・ベースメイクはパウダーで、ニキビ用も検討する。
クリームファンデや美容液入りの下地クリームはニキビ肌には栄養過多。パウダータイプで軽く仕上げましょう。

・洗顔料は部分使い
洗顔料は脂っぽく、毛穴が開いている部分に使用するようにしましょう。洗い流した後はタオルを押し当てるようにして水気を取るようにしましょう。ゴシゴシ擦ったり、叩いたり、肌に刺激を与えるのはNGです。

・化粧水はビタミンC配合
ニキビのできやすい人は、ビタミンC配合の化粧水が効果的です。ビタミンCに若干ではありますが皮脂を抑える効果があり、ニキビ予防に役立ちます。ニキビ跡の赤みを薄くする作用も期待できます。それから乾燥はニキビを助長させるので、ビタミンC入り化粧水の上から、保湿美容液を塗るようにしてください。また、ニキビ用化粧品が市販されていますが、中には肌を乾燥させる作用の強いものもあるので、ニキビ用化粧品を使うなら、『大人ニキビ用』、『敏感肌用』などの表示があるものを購入しましょう。

・皮脂の分泌を抑える食事
ニキビは体内バランスの乱れから、毛穴の出入り口が塞がれてしまう角化異常をおこすことから始まります。予防は皮脂の分泌を抑える食事がポイントです。ニキビ予防のために取りたい栄養素は、皮脂の分泌を抑える効果のビタミンB1、B2と血流改善するビタミンEです。それから便秘もニキビの原因となりますので、食物繊維もたっぷり取るようにしてください。

おわりに

大人ニキビは簡単に原因を特定できないケースも多いのです。ニキビが慢性化している人はスキンケアだけで治らないことが多いので、早めに皮膚科などを受診してください。

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事