2014.06.30

コケティッシュなハーフ顔になれる!彫深アイメイク


ローラちゃんやトリンドル玲奈ちゃんのように、タレントとしても人気を誇るハーフモデルたち。彼女たちのような、彫深めのハーフ顔って可愛いしオシャレだし憧れますよね。でも、実際にメイクをしてみるとなかなか近づけるのは難しいもの。そこで今回は、アイメイクだけでちょっぴりコケティッシュなハーフ顔になれるテクニックを紹介します。テクニックもメイクアイテムも少なくてOKなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

1. 眉下にしっかりとブラウンシャドウを


眉毛の下とアイホールの間にある、へこんでいる部分と骨が出っ張っている部分にアイシャドウをオン。シェーディングに使うような肌色に近いブラウンカラーを用意し、肌にのせていきます。この時使うのは、チップではなく大きめのアイシャドウブラシが◎。一度塗りではなく、二~三度重ねるように塗っていきましょう。

2. 下まぶたにシャドウをオン


1で使ったアイシャドウよりも濃い色のブラウンシャドウを用意。細めのアイシャドウブラシにとり、下まぶたの目尻から3分の2くらいのところまでアイシャドウをのせていきます。

3. アイホール全体にブラウンシャドウを


アイホール全体に、2で使ったブラウンシャドウをのせていきます。大きめのアイシャドウブラシにとったら、目尻から内側に向けて入れ、今度は目頭から内側に向けていれましょう。球体に陰影をつけるようなイメージで、薄めに二~三度のせていきます。

4. オレンジシャドウを入れて


続いて、オレンジのアイシャドウ(なければ、チーク)を上からのせていきます。大きめのアイシャドウブラシにとったら、アイホール全体にブラウンシャドウをのせた上から重ねていきましょう。ふんわりと色が乗る程度で大丈夫です。

5. 下まぶたにもオレンジを


今度は小さめのブラシを用意。4で使ったオレンジのアイシャドウ、もしくはチークをとります。下まぶたの目頭から3分の1のところまで、オレンジシャドウをのせていきましょう。

6. 眉毛はアイブロウパウダーで


アイシャドウでしっかり彫の深い目元を作ったら、続いてアイブロウでさらに彫深に。ブラウンのアイブロウパウダーをブラシにとり、しっかりとした太眉を作っていきます。眉山はあまり作らないのがベター。しっかりと幅を持たせて書くと、彫の深さが強調されますよ。

7. アイブロウマスカラをオン


仕上げはアイブロウマスカラで。しっかりと太めに書いた眉は彫深メイクに必須なのですが、どうしても重い印象になってしまうため、明るめのアイブロウマスカラでカラーチャンジを。眉全体に明るめのブラウンマスカラをのせたら完成です!

8. 完成


ちょっぴりコケティッシュな印象になるハーフ顔メイク、いかがでしたでしょうか? 仕上げる際のアイラインやマスカラは、いつも通りでOKです。男性にはもちろん、女性からの好感度は抜群だと思います! いつものメイクにマンネリを感じていたら、彫深ハーフ顔に挑戦してみるのもいいかも。女子会などでちょっぴりイメージの違う自分で登場してみるものおすすめですよ。

(モデル:佐藤優香)
(ヘアメイク:松野仁美)
(撮影:山本雄祐)

関連記事