2010.08.30

ハイサワーの美味しい飲み方

「♪わるなら ハイサワー」のCMで親しまれているハイサワー、ホッピーと並ぶ焼酎を割って飲むノンアルコールの2大炭酸飲料です。おじさん達の「取り敢えずビール」を嫌う若者が増えっているなか、レモンを使った爽やか系の飲み物として根強い人気です。ホッピーと違うところは氷を入れてかき回すところ。そこで、ハイサワーの美味しい飲み方を詳しく説明しましょう。

ハイサワーって何?

 焼酎の美味しい飲み方を研究していた2代目社長が、昭和55年に開発したレモンと炭酸の焼酎わり用飲料です。なのでお酒ではありません。我輩のつくったサワーの意味で「輩サワー」と名付けられ、今年発売30周年を迎えました。

 ハイサワーにはレモン、グレープフルーツ、ライム、ウメ、青リンゴとホップ入りビールテースト「ハイッピー」やカロリーOFFの「ダイエット」もあります。このほかにもイタリア・シシリー島産レモンの一番搾り果汁を使い、ホップのほろ苦さと合わせた「ホップ&レモン」(カロリーOFF、プリン体ゼロ)などがあります。ボトルは360ml入りのビンと1000ml入りのペットボトルの2種類です。

ハイサワーの作り方

 先ず、大きめのグラスに焼酎を1(分量の比率)注ぎ、氷を入れる。そこにハイサワー3を入れてマドラーで1回混ぜると出来上がり。360mlボトルで3杯分です。

 ホップ入りのビールテースト「ハイッピー」や「ホップ&レモン」は、1対4で割るので、ボトル1本で2杯分です。ビールのような泡とレモンの味ですっきりしていて、甘くない爽やかな飲み口です。

割るのは焼酎だけではありません

 ハイサワーは焼酎で割るだけではありません。ウイスキーや日本酒で割っても美味しく飲めます。ウイスキーをハイサワーのウメで割った梅ハイボールがテレビ朝日の「タモリ倶楽部」で絶賛されました。作り方は焼酎と同じ3対1で割ればOKです。また、この番組で、泡盛をハイサワーで割る新しい飲み方が「島ハイサワー」と名付けられました。こちらも徐々に浸透しているようです。

日本酒をハイサワーで割る

 このほかにも、ジンにはライムのハイサワー、日本酒にはウメやライムのハイサワーが合います。日本酒は意外なように思いますが結構合います。梅酒が本当に好きな人は梅酒に日本酒を混ぜるといいますから、日本酒と梅は有りなのでしょう。また、白ワインと青リンゴ、グレープフルーツというのも合います。割る黄金比は同じなので、一度お試しください。

発売30周年記念でイベント

テレビのゴールデンタイムに派手な宣伝を打つような会社では有りませんが、営業車両は派手なラッピングをしています。さらに8月3日(ハイサワーの日)の記念日に完成したハイサワーの巨大ボトルを荷台に積んだ「ハイサワーデカボトル号」はとてもインパクトがあります。

 記念式典はタモリ倶楽部でも使用した倉庫でテレビと同じように開催。全長3メートルのボトルを積んだ車両もその日に披露されました。さらに、8月25日には営業車2台を伴いデカボトル号が都内各所をデモンストレーション走行しました。

関連記事