2014.06.16

医者泣かせ!10万円で絶対可愛くなる整形プランって?


こんにちは。美容外科医の村山ひろとです。
プチ整形ってどう思いますか? 
「興味はあるけど、リアルにはちょっと・・・」って思っていませんか?
なーに、バレなければ良いんですよ。そしてプチならほぼバレません。
賢いモテ女子は、コスパの良い施術だけを受けて、あなたの知らない間にどんどん可愛くなっています。

プチ整形というのは、要は「注射でパパっと済ませる施術」のこと。
「証拠」は針穴だけですし、万一、内出血してもコンシーラーで隠せば何とかなるものです。

そんなモテ女子に定番の3施術、「レディエッセ(鼻・アゴ)」「埋没法」「ヒアル豊胸」についてご案内しましょう。

1.レディエッセ(鼻・アゴ)

レディエッセとは、ヒアルロン酸のような「注入して形をつくる注射」の一つです(ヒアルロン酸より硬くて長持ち)。
「鼻が低い」「目が離れて見える」
…そんな人はノーズシャドウを塗りたくるより、レディエッセを0.3ccだけ、鼻に注射すれば良いんです。
目の目の間の部分(鼻根)に高さができて、目鼻クッキリ、鼻スジが長く見えるようになります。
アゴがない人も、やはりレディエッセで少し尖らせます。

レディエッセを体験した人は、急に「自分撮り」が増えるんです。なぜだか分かりますか?

鼻・アゴを整えると、「横顔がすごい美人」になります。
「それまでは苦手だった角度」が得意になり、嬉しくて斜めからの写メを何回も撮ってしまうといいます。
メイクではないので、彼氏の前でのスッピンも余裕です。

ついでに、美容外科医おすすめ「サイドメニュー」をご紹介しましょう。
ヒアルロン酸の注射では、「涙袋」と「アヒル口」もつくれます。

2.埋没法(二重)

糸で二重ラインをつくる手術です。手術時間は10分で、手術後の腫れは3~4日でおさまります。メイクは手術後1~2日から出来るようになります。
もはや、「埋没法は整形じゃない」といっても良いでしょう。
「幅をちょっと広くしたい」、「左右差を治したい」など、もともと二重の人も気軽に受けています。
バッチリ印象を変えたい人は、「目頭切開」をします。これは目頭を3-4mmくらい切る手術です。

3.ヒアルロン酸豊胸

豊胸にだって「プチ」はあります。1カップUPで良いなら、「SUB-Q(サブキュー)」というヒアルロン酸を左右に80ccずつ注入します。
手術でできる傷は3mm。お休みは必要ありません。しばらくはやや硬さがありますが、だんだんと馴染んでいきます。
「子どもにオッパイをあげたら、胸が無くなっちゃった」というママさんにも人気です。注入する時は、バストの下半分を膨らませるので、ツンと上向きの形の良い胸に仕上がります。

おわりに

体に注入するヒアルロン酸は量が多いので、ちょこっと予算オーバーですが、顔の施術であれば10万でお釣りが来ます。
「腕が良くて、良心的な先生」を探しましょう。もちろん、プチ整形とはいえリスクがないわけではなく、また、自分の希望イメージと術後にギャップが生じることもあります。しっかりと自分で調べて決めることが大切ですよ。
あなただけの主治医を見つけてくださいね。

(村山ひろと/ハウコレ)

関連記事