台所用品で歯を真っ白にする方法

タバコのヤニや加齢で歯が黄ばんできてしまって気になる、そんなことはありませんか?歯の黄ばみがコンプレックスになると、人とおしゃべりするのも苦手になっちゃいますよね。今回は、身近な台所用品を使って手軽に歯の黄ばみを落とし、白くし、かつ口臭までなくす方法を紹介します。これで、堂々と歯を見せて笑うことができます! (効果には、多少の個人差があることをご了承ください)

台所からアイテムを調達しよう

準備するものはすべて百円ショップで手に入るような身近なものたちです。
この少数精鋭で歯の黄ばみをやっつけます!

  • 重曹ひとつまみ
  • 食塩ひとつまみ
  • レモン汁5滴程度
  • 歯ブラシ
重曹・食塩はできるだけ粒子の細かいものがオススメ。重曹だったら食用などがベターです。ブラシはやわらかめ~ふつうの毛足のものが使いやすいですよ。

それではいざクリーニング!

 使い方は、いたってシンプル。準備した材料を、小皿で混ぜて丁寧に歯をブラッシングするだけです。溶液を入れた小皿に歯ブラシをつけて、歯を一本一本丁寧に優しく磨きましょう。

なお、味はとてもひどいですが、悪しからず。テイスティングノーグーです。歯を白くするためだと思って我慢しましょう。

その後、普通の歯磨き粉を使って軽く仕上げのブラッシングをして、口の中をよくすすいでください。 
このブラッシングは1回3分程度、1日1回で1週間ほどトライしてみてください。


どうして歯が白くなるのか

こんな安上がりかつ簡単な方法で、どうして歯が白くなるのでしょうか。それは、それぞれのアイテムの能力が優れているためです。レモンに含まれているクエン酸と重曹の漂白効果、塩による殺菌効果の賜物なのです。
塩は昔から世界中で歯磨き粉として使われてきた歴史があります。今でも塩が含まれた歯磨き粉ってありますもんね。重曹には消臭効果もあり、歯を白くすると同時に口臭も抑えてくれます。

こんなことに注意しよう!

すぐに結果を得たいがために、あまりに多用すると口の中が荒れてご飯が食べられなくなるので絶対にやめてください。
力を入れてゴシゴシブラッシングするのもやめましょう。優しくエレガントに磨くだけで十分効果があります。
また、口内炎があると、ひどくしみて悶絶する事になりますので、口の中に異常がある時は使用をお控えください。
さぁ、これであなたの歯も芸能人! 笑顔を見せるたびにキラキラすることでしょう!
関連キーワード