2014.06.15

等身大じゃダメ!?背伸びしてゲットすべき「高嶺彼氏」の魅力・4つ


「付き合うなら一緒にいて安心できる人がいい」ということばをよく聞きます。それはつまり、浮気されることも、誰かに取られることもない、自分を追ってくれる、一緒にいて疲れることもない、等身大で付き合える人がいいということですよね?・・・でも、それ、本当でしょうか?
今回は、追っかけて追っかけてやっと捕まえられるような、背伸びをして手が届く高嶺の男子の魅力をご紹介します。

1.飽きが来ない

「追われる恋愛で付き合った人は、結局飽きちゃうことが多い。それに、この人じゃなくてもなーっていう気持ちが心の底にあるから、そういう気持ちが相手にも伝わってうまくいかない。」(30歳/営業)

等身大で付き合っているカレのことを「これがベスト!最高!一生手放せない!」と感じているのなら、ぜひ末永くお幸せに・・・となるのですが、「なんとなく巡り合わせで」「憧れの人がいるけど、私じゃ無理だし」と諦めをつけている人はいませんか?そういう場合、ずっと長く付き合うと惰性で付き合うことになりがち。もっと追う恋愛をしてみては?

2.自分に自信を持たせてくれる

「前は自分のことが好きじゃなかったけど、憧れの人と付き合えたら、それが自分の自信になった!それからは友達からも『幸せそうだね』って言われるように。」(27歳/営業) 

見た目が華やかな彼氏を、ブランド物のように見せびらかして自信を得る、というのはちょっと彼が可哀想。でも、自分自身が憧れていた人の彼女になれたという事実で自信がつくのは、良いことではないでしょうか?なんだか前向きな気持ちになれそうですよね。

3.自分磨きになる

「頑張り屋だし、見た目もピシッとてる今彼と付き合ってからは、生活に張りが出た気がする(笑)今までの自堕落な生活を脱しないとって思えた。」(24歳/大学院)

憧れている人と付き合うと、自分磨きができるのだとか。理由は2つ。嬉しいからと頑張っている彼につられてしまうからだそう。確かに、彼の生活が家でゴロゴロのインドア系だと、どうしてもその影響を受けてしまいますが、彼が朝からアクティブに行動するタイプだと、早い時間のデートの待ち合わせに間に合うために、いつの間にか自分まで朝からアクティブな生活リズムになっている、なんてことになりそう。

4.新しい体験がたくさんできる

「生活範囲が違う彼と付き合ったら、行動範囲が広がった!合う人、行く場所、初めてのところが多くて楽しい!」(20歳/学生)

自分の生活範囲が似ているひとと付き合うと、無理をせずに付き合えるので楽!という意見には賛成。お金の面から考えても、その方が楽かもしれませんね。でも、あえて高値の男子と付き合うようにすると、自分では行けなかった場所、会えなかった人、知れなかったことなどの新しい体験の刺激がたくさん得られるかもしれませんよ。

おわりに

似たもの同士が楽チンだよね、と思っていても、ちょっと背伸びをして高値の男子と付き合うと、その魅力にドハマりしてしまうかも。現状維持に満足せず、今年はちょっと背伸びをしてみては?

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事