2014.06.19

無意識にやっちゃう?ワールドカップ観戦で男に嫌われる行動・4選


最近世間での話題はワールドカップ一色!皆でバーに行ったり、誰かの家に行ったりして一緒に応援するのはとても楽しいですよね。そんな4年に1回の観戦の機会を利用して、気になる男性と距離を縮めたいもの。その為にも、今回ワールドカップ観戦にあたって男性に嫌われてしまう行動を紹介します。

1.ルールを知らない

「観戦してる時に『ねえねえサッカーって何人でやるの?』とか『何でいま反則だったの?』とかどうでも良いこと聞かれると、『いまそれどころじゃないから!』って思う」(25才/銀行)

男性とサッカー観戦をするにあたって、一番大事なのは事前調査です。男の人に何かを質問して「さすがー!」と言うのが良いとも言いますが、ただの初歩的な質問は、逆に男性を面倒くさいと言う気持ちにさせてしまうよう。男性が言うサッカー用語にも「なにそれ?」とならないようにして会話を楽しみましょう。また、応援グッズを持って、ユニフォームを着て応援する女の子はとても可愛いですが、ルールを知らないと「こいつただのミーハーかよ…」と逆に惹かれてしまうので注意しましょう。

2.応援に集中しない

「ずっと試合に興味なさそうな子見てると、何か萎えちゃうんだよね。何で興味無いのに来たんだろうって思っちゃう」(20才/学生)

何事においても一生懸命になっている女の子は可愛いものです。それなのに試合中にずっと携帯をいじっていたり、サッカーと全然関係無い話をしていたら男の子からの好感は下がってしまいます。「全然点数入らないから飽きたー!」などと公言したり、興味が無くて居眠りをするなどと言うことは止めた方が良さそうかも。観戦中は集中して選手の行動全てに喜怒哀楽し、「この子はこんな顔もするのか」と男性をドキドキさせちゃいましょうね。

3.遅刻をする

「この前サッカー見てたときに、女の子が『ごめん遅刻するわー』って電話してきた。最初から見るからこそ楽しいんだろうが!」(21才/学生)

普段男性と遊びにいく場合、女の子の若干の遅刻はにっこり笑って「ごめんね」と言えば大体の場合は済まされます。可愛いものです。しかしサッカーの場合、キックオフの瞬間を一緒に見ることはとても重要。最初から最後までずっと一緒に同じものを見続け応援することが大事みたいです。さらに、迷って遅れて「場所分かんなくなったから迎えに来て!」なんて電話をしたりなんかしたら、もう最悪。また、早退・欠席もできるだけ気をつけたい所ですね。

4.すぐ諦める

「一緒に見てた子が『いやー、もう無理だね今日はー』と言っていた。まだ決着は着いてないんだから静かにして!って感じでした」(26才/公務員)

あまり試合が思うように進んでいない時の、「もう今日は負けだな…」と言う言葉ほどテンションが下がるものはありませんよね。いくら危機的な状況でも試合は最後までどうなるか分からないもの。絶対に途中で諦めず、精一杯「頑張れ!」と応援することが大事です。それと、応援しているチームが勝っている時と負けている時とでテンションの上がり下がりの激しい女の子は面倒くさがられてしまうので注意しましょう。

おわりに

いかがでしたか?文中でも述べましたが、最低限のサッカー知識は持つようにして、有名なサッカー選手のみを「かっこ良いー!」と褒めるだけの応援は絶対にしないようにしましょう。ミーハー女子は危険です。そして、ハーフタイムで飲み物を補充したりして気の使える所をアピールしたり、いつもと違う髪形をしたりして男性をドキドキさせちゃいましょう。これらのことに気をつけて、ぜひワールドカップ観戦を楽しんで下さいね。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事