2014.06.21

知らないと危険!髪を傷めないアイロンテク・4つ


こんにちは。美髪アドバイザー 兼 美容師の寺村優太です。
モテるために、可愛い髪は必須ですよね。
そのため、毎日コテやストレートアイロンを使ってヘアセットをしている方は多いはず!
そんなモテ女の必需品であるコテやストレートアイロンですが、使い方を間違えてしまうと、大切な髪を傷めてしまう原因に…。
髪は女性の命!
正しいアイロンテクをマスターしましょう♪

1.髪を傷めにくいアイロンを選ぶ

コテやストレートアイロンで髪を傷めてしまう原因は2つ!
それは、「摩擦」と「熱」です。
摩擦と熱を抑えて、髪を傷めにくいアイロン選びをするコツをお教えします♪


(1)セラミックプレートかチタンプレートのアイロンを使おう
滑りがよく、髪の摩擦を軽減できます。

(2)アイロンは温度調整ができるものを選ぼう
オススメは120度で5秒以内。それ以上高い温度は必ず髪を傷めてしまいます!
※健康毛(カラー、パーマを一度もしていないハリコシのある髪)でも180度で10秒が限界。
これ以上は髪のタンパク質が変性し、枝毛や切れ毛の原因に!

カラーやパーマを一度でもしている方はなるべく低温でアイロンを使いましょう!

2.ドライヤーで完全に乾かす

アイロンを使う前にカールウォーターをつけたら、必ずドライヤーで乾かしてください。

髪に水気が残った状態では絶対にコテやストレートアイロンを挟まないでくださいね!

水は100度で蒸発しますよね?
100度を超えるアイロンで、髪内部の水分は一気に蒸発します。
急激に蒸発する水分は髪の内部を損傷させながら外にでていきます。
※通称「水蒸気爆発」と呼ばれています。

この水蒸気爆発により内部から髪がボロボロに傷んでしまいますので要注意!

3.強く引っ張りすぎない

くせを伸ばしたいからといって、強く引っ張りすぎてしまうのはNG!
くせは伸びても、毎日髪を傷めつけてしまいます。

毛束がピンと張るくらいで充分ですよ♪

4.同じところに何度もアイロンをかけない

高温で長時間プレスすると髪にダメージを与えてしまいます。

一気にプレスするとうまく髪が伸びませんので、クリップなどを使い、髪をいくつかの毛束に分けて少しずつアイロンを使うと驚くほど早く綺麗なヘアにすることができますよ!

まとめてアイロンするよりも遥かに早くカールが付くし、ストレートにもできます♪
「クリップで留めたりするのはめんどくさい!」という方も一度試してみては?

おわりに

髪は女性の命ですよね!

可愛くなりたくて毎日アイロンを使っているのに、使い方を間違えてしまうと、髪をボロボロにし、逆に素敵な見た目から遠ざけてしまいます!

鏡の前に立って自分の髪を見た時に、幸せな気持ちになるか、「はぁー」とため息をつきたくなってしまうのかは、みなさんの毎日のケア次第♪

女性の毎日がハッピーでありますように♪

(寺村優太/ハウコレ)

関連記事