2010.08.30

iPhone内のファイルを外部に公開する方法

iPhoneで撮影した写真を、他のパソコンやサーバーなどにコピーすることなく、外部に対して直接公開する方法を紹介します。つまり“iPhoneのファイルサーバー化”です。これにより、iPhoneに蓄積するファイルやデータを、利用者はもちろん、必要なら知人や顧客も閲覧できるようにすることだって可能となります。

この仕組みを可能にするツールが「ServersMan」です。これはiPhoneやWindows Mobileなどのモバイル端末をファイルサーバーにするものです。

ステップ1 iPhoneの設定をしよう

iPhoneにServersManをインストールします。AppStoreで無料で取得可能です。

ServersManを起動したら登録作業を行います。メールアドレスなどを入力すると、アドレス宛に必要な情報が送られてきますので、その情報(サインアップキー)を入力します。これで設定は終了です。
          

ステップ2 パソコンの設定をしよう

パソコン側にはServersMan専用アプリケーションをインストールする必要はありません。ブラウザからiPhoneにアクセスできます。

ServersManのWebサイトを開き、メールアドレスなど、iPhoneで入力した情報をこちらにも入力します。また、使用するデバイスは「iPhone」にしておきます。
 

ステップ3 iPhoneを操作しよう

ログイン後、ServersManのトップ画面から各種操作を行います。保存する音楽の再生やカメラを起動して写真撮影、音声録画などの操作を直接行えます。これらを保存し、外部に公開できます。

一方、ファイルなどはストレージに格納します。「MyStorage」に専用フォルダが用意され、パソコンからはここにアクセスし、ファイルをダウンロードできます。
iPhoneに蓄積する情報にアクセスする場合は、指定のURLを入力することで可能となります。URLを知人にメールなどで知らせておけば、GPSと連動し、現在地を知人に知らせて待ち合わせに活用するといったことも可能になります。
             

おわり

いろいろな種類のファイルが集まるiPhone。これらを効率よくパソコンなどから利用できるようにするのにServersManは向いています。

関連記事