2010.08.30

無線LAN使ってiPhoneとパソコンのファイルを共有する方法

iPhoneとパソコンを共有したいが設定が面倒、という方。そんなときに、簡単な設定でパソコンとiPhoneのファイルを共有できるようにするツールが「Files Lite」です。

これは無線LAN環境下で、パソコンに対してiPhoneを追加することでファイルの共有を可能にします。つまり新規のIPアドレスをiPhoneに割り当てることになります。ただ、実際は指定したURLにアクセスするだけで、ブラウザ上で共有フォルダを参照できるようにしており、難しい設定は必要ありません。

自宅や会社の無線LAN環境を利用し、iPhone内のファイルを呼び出したいときに重宝します。

ステップ1 iPhoneを設定しよう

まずFiles LiteをAppStoreから入手します。インストール後、起動するとURLが表示されます。このURL情報をメモして控えておきます。
            

ステップ2 パソコンを設定しよう

次にパソコン側の設定をします。といっても、アプリケーションのインストールは必要ありません。Files Liteはブラウザ経由でファイルを共有するため、InternetExplorerやFirefoxなどのブラウザさえあればどんな環境でも大丈夫。

パソコンでブラウザを起動し、さきほどメモしたURLを入力、「Enter」キーをクリックします。

ステップ3 ファイルをアップロードしよう

操作はブラウザ上ですべてできます。ファイルをアップロードするなら「ファイルの選択」からアップロードしたいファイルを選択します。するとiPhoneの画面からもアップロードしたファイルを確認することができます。
そのほか、フォルダを新規に作成し、ファイルを分別することも可能です。


おわり

パソコンで行ったファイル共有作業はiPhoneに自動で反映されるため、共有設定を意識することなく、普通にファイルを保存するだけで共有することができます。iPhoneからも撮影した写真を共有フォルダに格納すれば、パソコンからはブラウザ経由でダウンロードすることができます。
          

関連記事