2014.06.22

恋愛は就活だ!第一志望「モテ男子」をオトすコツ・4つ


16年卒用のリクルートサイトも解禁され、現大学3年生の就活もゆるやかに始まりましたね。先日会った大手企業人事部の知人にその話を振ると、「恋愛と就活は同じだ! いかに好きか志望企業に効率よくアピールして、相性が良ければカップル成立」との言葉。そういえば、好きな相手に選ばれるという面では恋愛と就活、目的は同じですね。であるならば「人気企業に内定をもらう」のコツは、「モテる男子と付き合う」方法につながるはず!今回は人事部社員に聞いた「内定を取るコツ」から、「恋愛でモテ男子を落とすコツ」を解明してみましょう。

1.かっこいいは聞き飽きた!

「こちとら『社会貢献が~』なんて表面的な言葉は聞き飽きてるからね。みんなで同じことを声たかだかに言われても、何にも心に響かない。見るべきはもっと違うところにあるんじゃないの!?」

恋愛と就活でアピールすべきは「核」をついた「彼を好きな理由(志望理由)」。彼が自信を持っているのは英語力だったり、洞察力だったり内面なのに、「かっこいい~」と外見ばかりに食いつかれたら「またこれかよ…」と足きりされてしまうでしょう。彼が注目してほしい本当のところを褒めることで「この子はわかってるな」と思ってくれますよ。

2.そのアピール自己満じゃない?

「自分の魅力をタラタラ…、そんな自己満足のアピールは時間のムダ!『コミュニケーション能力があります』って、それがコッチに必要な理由は何?コッチに何のメリットがあるの?」

「私はここがスゴイんだよ!」と的外れなアピールをしていませんか。インドア好きな彼に自分のバーベキューでの活躍ぐあいを話したって逆効果なように、企業にも恋人にも相性があります。そこが大きく違ったら、付き合えても長く続くわけがないですから、ほかのポイントをさがす、または早めに見切りをつけるのも手としてあるでしょう。

3.ほかの女と違うところは?

「言っちゃ悪いけど、うちの会社の倍率は何百倍。こういう中で別の子たちと違うところを見せてほしい。『どうせ無理だろうな』って自信のない顔してちゃ、通るものも通らないよ」

彼はイケメンお金持ちカンペキ男子。当然ほかにもたくさんの女が寄ってきます。そこで彼と結ばれるためにはライバルとの明確な「差別化」が必要になります。そのためには「ぶっつけ本番」なんてことがないように注意すべき。彼の好みと一致する自分の強みはなんなのか、そこを見てもらうにはどうしたらいいか。そこを煮詰めていくことで、自然に自信も付くでしょう。

4.コッチに惚れされてみなさいよ!

「こっちとしてもイイ子であればはもちろん欲しいんだから。お願いします選んでくださいなんてへりくだられても意味ない!コッチから『どうかうちに来てください』って思わせる学生になってほしい」

企業にとっても気になる彼にとっても、新入社員、彼女を見つけることはとても重要。イヤイヤする作業ではないのです。「どうせわたしなんて…」「記念に受けただけ」なんて人に魅力はありません。自分の脳ミソで汗をかくまで考え抜いて、自分を最高に見せてくれる髪型・服装、雰囲気、シチュエーションをゲットしておきましょう。そして、来たるデート(最終面接)にそなえるのです。

おわりに

いかがでしょうか。企業研究で相手の良さを知って、ESはラブレター、面接はデート、内定はお付き合いのスタート。こうしてみると本当に就活と恋愛は似ていますね。人間、本当に欲しいものに対しては臆病になってしまうもの。しかし、一世一代の大恋愛を目指して、ここは気合入れていきましょう!

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事