2014.06.26

アナタはされてない!?看護師が教えるデートDVのサイン・4つ


みなさんは、「デートDV」って言葉を聞いたことがありますか?
なんだかいっとき話題になりましたよね。
結婚した夫婦のなかで問題になってたドメスティックバイオレンス(夫婦間での身体的・精神的暴力)が、じつは恋人間でデートのときにも起こっちゃう、なんていうことで。
デートDVのこわいところは、好きな相手からされてるからといってつい気づきにくくなっちゃうこと。
そんなわけで今回は、看護師の大木アンヌさんに「アナタはされてない!?看護師が教えるデートDVのサイン」について聞いてみました。

1.舌打ち

「かなり初期の段階だけど、カレにDV気質があるかどうか見抜くための一番簡単な方法としては、舌打ちをする人かどうか。
イラっとしたときに舌打ちをする人は、自分のイライラを外に出したい気持ちがある人。そのイライラが大きくなると誰か身近な相手にぶつけるおそれがあります」

舌打ちする男子って、たしかにちょっとこわいですよね。
みなさんのカレは、なんかちょっとやなコトがあるだけで、「チッ」ってしてませんか?

2.物に当たる

「あとはやっぱり物に当たる人は危険だよね。
物に当たってる人ってだいたいね、本当は人とかを殴りたい欲望はあるけど、でもそれは一応イケナイってわかってるから物にいってるだけで、イライラが抑えきれないレベルまでいっちゃうと危ないんだよ」

わお。これはちょっと思い当たるところがあってヒヤっとしてしまいました。
いますよね、ムカっとすると物を投げる男子。そういう人と付き合ったりしてませんか?

3.暴言

「どんどんヤバくなっていくよ(笑)。ていうかここまできたらもうデートDVそのものですね。
ケンカになったとき、『クソ女!』とか『死ねよ!』とかモラハラ発言が飛び出してしまう男性は完全にクロ。正直、ソッコーで別れたほうがいいと思いますよ」

普段、なんにもないときにホントに冗談で悪口を言う人はいますが、こういうのとは違ってキレたときに暴言が飛び出す男子が危険なんだそう。ケンカのとき、やけにグサッとくること言うなーと思ったら、要注意。

4.痩せ型で神経質

「これはDVのサインとかではないんだけど。
外国の精神学者のクレッチマーという人が体型別に性格分類をしたものがありますが、それによると、痩せ型の人は神経質で爆発型。DVの素質アリな場合が多いんです」

たしかに神経質な人は、ストレスを溜め込んで一気に爆発させちゃうような人が少なくない気がしますね。体型で人を判断するのはよくないところもあるかもですが、あくまでそういう傾向があるかもしれない、ということで覚えておいて損はないかもしれません。

おわりに

どうでしたか?DV気質な人は、アナタの努力次第で治るということは残念ながらあまりないそうです。できるだけあまり怒らせないことか、それか付き合う前にそういうところをうまく見抜いて避けてしまうのがいいかもしれません。
一度付き合ってしまうと、「好きだから我慢しなくちゃ……」とどツボにはまってなかなか離れられなくなるそうですからね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事