2014.06.27

マンネリカップル必見!男性が彼女に惚れ直す瞬間・5選


「3がつく周期でカップルは別れやすい」とは、誰もが一度は聞いたことのある話。でも、別に3か月や3年といった3がつく周期に関係なく、マンネリ期はやってきます。

「最近彼氏と会っていないかも」「最後にセックスしたのいつだっけ?」といった、辛~いマンネリ期を乗り越えるためにも、付き合いたての頃のような気持ちを取り戻してみましょう!

今回は20~30歳の男性に、長く付き合っている彼女に惚れ直した瞬間について聞いてきました。

1.普段とは違う一面を見せてくれたとき

「喧嘩をしても絶対に自分からは折れない彼女が、素直に『ごめんなさい』と謝ってきたとき。最初は何か企んでる?とも思ったけど、話を聞くと、子どもっぽい自分から卒業したかったらしい(笑)。長年付き合ってきたけど、久しぶりに彼女のことを可愛いなと思ったよね」(29歳/営業)

意地っ張りな子が素直になったり、クールな子が甘えてくるなど、普段とはまったく違う一面が見えると、それだけで何だか愛おしく感じてしまいますよね。たまには、「可愛いとこもあるんじゃん」といった部分を見せてあげれば、彼も自分に惚れ直してくれるはず。

2.必死で病気の看病してくれたとき

「人生で初めてインフルエンザにかかったとき、彼女が泊まり込みで看病してくれたんだよね。毎日、寝不足で俺の家から仕事に向かう彼女を見て、申し訳ない気持ちと、この子を選んで良かったなという気持ちでいっぱいだった」(26歳/土方)

病気のときは、心も体も弱りきってしまうもの。普段は亭主関白気質な彼だって、病気にかかったときは、きっと弱気になっているはず。そんなときこそ、彼の側に付いていてあげましょう。献身的なあなたの姿を見て、惚れ直さないわけありませんよね。

3.自分のために一生懸命な姿を見たとき

「普段まったく料理をしない彼女に『誕生日プレゼント何がいい?』と聞かれたので『愛のこもった手料理』と冗談で返したら、誕生日当日、本当に手料理を作ってくれたとき。まあ、キッチンは散らかしっぱなしだし、料理も不思議な味がしたけど(笑)。その必死さが可愛くて惚れ直しちゃったかな」(25歳/メーカー)

肝心なのは味じゃなく、その気持ちなんですね。もちろん料理だけに限らず、「仕事を無くした自分のために夜遅くまで求人情報を探してくれた」とか、「誰に紹介されても恥ずかしくない彼女になろうと習い事を始めてくれた」といったように、自分のために一生懸命な彼女の姿に惚れ直したという男性はたくさんいました。

4.少し距離を置いていたとき

「お互いに何となくマンネリを感じていて、それなら一度距離を置いてみる?ってことになったんだけど、日に日に、何だか物足りない感じがしてきて……。ああ、やっぱり俺は彼女じゃないとダメなのかと再確認できたし、久々に会ったときに付き合いたてのような気持ちになれたんだよね」(30歳/IT)

マンネリを感じたときは、一度距離を置いてみるのもひとつの手段。長年付き合っていると、お互いが空気のような存在になっているなんて場合も少なくありません。そんなときだからこそ、もう一度お互いの存在を確かめあえる状況をつくってみることが大切なのかもしれませんね。

5.友だち伝いで彼女の気持ちを聞いたとき

「共通の友だちから、彼女がいつも俺の惚気話をしているという噂を聞いてびっくりしたことがあります。だって2人でいるときは、すごく素っ気ないし、気持ちが冷めてきちゃったのかなと落ち込んでいたときだったので。友だち伝いにそういう話を聞くとやっぱ嬉しいですね」(21歳/大学生)


友だち伝いで良い話を聞くのって、恥ずかしくて思わず照れてしまう反面、本人の口から聞くより嬉しく感じてしまうこともありますよね。マンネリ気味な彼の気持ちを取り戻すためにも、ここは、友だちに一役買ってもらってはいかがでしょうか(笑)?

おわりに

長く一緒にいればいるほど、お互いの存在が当たり前になってしまうので、マンネリを迎えてしまうのは、仕方ないことなのかもしれません。でも、そんなマンネリをどう乗り越えるかによって、彼との今後の関係も変わってきます。

「最近、彼とマンネリ気味かも……」と感じている人は、ぜひ、実践してみて。

(LISA/ハウコレ)

関連記事