2014.06.27

このままじゃヤバイ!?「恋したいけどできない女子」の特徴・4つ


彼氏は欲しいけど、なかなか好きな人ができない女子は多いですよね。「彼氏欲しい〜!」とぼやきながら、実際は口だけになってしまっている。ちょっと寂しい気もするけど、行動するのもなんだか億劫…そんな状況に陥ってはいませんか? 

筆者が知人女性に聞き込み調査をした結果でも、恋はしたいと思っているのになかなか好きな人ができない女子には、ある共通点があることが分かりました。今回は、そこから「好きな人ができない理由として考えられる要因」をまとめてみましたのでご紹介します。

1.運動が苦手で外出しない

「『彼氏欲しいな』と思ってから早数年、なかなか彼氏ができません。職場も女性ばっかりなのと、普段の行動範囲が家と会社の往復だけっていうのがいけないのかな。友人はスポーツ系の社会人サークルに参加してから気になる人が何人もできたみたいだし、やっぱり普段運動している、してないの差は大きそうです」(25歳/事務)

普段出会いの場が少ないと、自主的な行動が大切になってきますよね。なかでも運動をする習慣があると、それだけで行動範囲も広がるもの。また、スポーツはストレス発散やダイエットにもなるので、気持ち的にも自然と恋にも前向きになります。休日をダラダラして過ごしてしまう女子は気をつけてみて。

2.口下手でコミュ障傾向

「最近、大勢での飲み会などで男性から声をかけられる機会が増えました。自分でも不思議だと思うけど、幼馴染からは『社交的になったからじゃない?』とひと言。言われてみれば前は人と話すことが苦手で、気になる人がいても戸惑うばかり。異性の友達ができてから、口下手もだいぶ解消されました」(24歳/製造)

口下手だとどうしても人と深い関係になるのに時間がかかってしまいますよね。もちろん、メールやSNSという手もありますが、電話や対面での印象をできるだけ良くするのもやはり重要。相手からの印象もグンとアップして、恋愛に発展しやすくなります。心当たりのある女子は親しい友人、知人にまずは自分から積極的に話しかけてみては?

3.異性に対する願望が強すぎる

「友人に男の条件が厳しいA子がいます。せっかく相手が興味を持って話かけてくれても、『自分よりも年収の低い男性はイヤ』とか、『どうせ付き合うならイケメンがいい』と選り好みをしてしまうみたい。そうこうしているうちに私には彼氏ができて、それを悔しそうに話すA子に改めて同じ助言をしてます」(26歳/SE)

よく言われることですが、選り好みをする分、彼氏ができる確率もどんどんと下がってしまいます。自分の身の丈に合った人と付き合った方が関係も続きやすいので、男性に対しての願望や条件を持っている女子は、相手を減点方式で見るのではなく、「性格いいな」「年収もまずまず」と加点方式で男性を見てみて。

4.明らかな女子力不足

「幼馴染に美人で性格もいい女の子がいるんですが、最近彼氏がいないみたいなので気になっていました。友人目線で見ていると、どうやら原因は彼女の服装にありそう。ある時から『見せる人もいないし』が口癖になっちゃって、以来私と遊ぶ時の服装も似たり寄ったりの格好が多いんですよ」(28歳/広告)

「見せる人いないから」と服装に気を遣わなくなってしまうと、自分でも知らず知らずのうちに女子力を下げてしまっている恐れがあります。心当たりのある女子は周囲の目を気にして、ではなく自分を魅力的に見せるためにファッションを楽しむ、という風に意識を変えてみましょう。

おわりに

いかがでしたか。各ポイントに当てはまる女子も多かったかもしれませんね。いきなり全てをこなすのは難しいので、まずはひとつクリアしていくだけでも異性からの反応もだいぶ違いますし、自分自身の恋愛のアンテナも高くなるので恋が始まりやすくなります。ぜひ自分の特徴を見直して、自分のなかの恋愛率をどんどんと上げてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事