2010.08.31

もうイライラしない!カンタン操作で遅いPCを無料で高速化する方法

インターネット回線は高速化しても当のPCが古くて遅い、また、また、パフォーマンスのよいPCであってもメモリーの割り当てが適切でなかったり、常駐ソフトが多く起動するなどして遅いというケースは多いことでしょう。

数あるPCの設定をすべて見直し、パフォーマンスを最適化するのは難しいことですが、フリーソフト「X-TUNE」を使えば容易にこれらの設定を変更することができます。
X-TUNEは上級者でも満足できる充実した機能を備えている点が特徴です。複数の項目を自在に変更できますが、日本語でメニューを記しているため、初心者でも設定内容を理解することができます。

不要ファイルの削除やキャッシュの容量変更など、各種のシステム設定項目を一元管理し、コントロールパネルを開いたり、ブラウザを開いたりといった手間を省くことが可能です。
ここではX-TUNEの基本的な設定方法を紹介します。

ステップ1 X-TUNEをインストールしよう

X-TUNEの公式サイトからダウンロードしよう。

インストールする際の注意点として、「.NET Framework2.0」以上が必要になるということ。これはマイクロソフトが開発したアプリケーションの実行環境です。この基盤の上でX-TUNEは動作するので事前にインストールしておきましょう。ダウンロードはマイクロソフトのWebサイトから可能です。


ステップ2 ネット回線を高速化しよう

インターネット回線に応じたシステム設定を自動で行います。ネット回線を高速化するには、メイン画面の「利用中のインターネット回線を選択」から現在使用するネット回線を選択します。その後、「高速化」をクリックすることで設定は完了です。

さらに上級者向けの高速化設定項目もあります。メイン画面の「機能」から「上級者向けの高速化」を選択。「インターネット高速化」でOSのバージョンごとに詳細を設定することができます。

ステップ3 システムを最適化しよう

全メモリーのうち最適化する割合を設定したり、プロセサのキャッシュの容量を調整したりできます。X-TUNEはプロセサの使用率や仮想メモリー容量などをチェックすることができ、パフォーマンスが十分に上がってない場合はタスクトレイからX-TUNEを呼び出し、その都度設定することが可能です。

ステップ4 不要ファイルを削除しよう

インターネット一時ファイルなど、パソコン内に残る不要ファイルを削除できます。インターネットの履歴や個人情報を削除することもでき、セキュリティ面にも配慮されています。

おわり

パフォーマンスアップ用のユーティリティは設定が難しく使いこなせない人が多くいます。しかしX-TUNEは上級向けと簡易設定が分かれ、自身のスキルに応じて設定変えることができます。

これまでPCの性能を十分発揮できずにいた方、このツールを使って少しでも設定を最適化してみてはいかがでしょう。


関連キーワード

関連記事