2014.07.01

気になる彼への第一印象を250%増しにする「座る位置」とは?


女子であれば誰しも、気になる彼への第一印象を少しでも良くしたいもの。
そこで今回は、意外と知られていない第一印象UPのテクニックを、心理カウンセラーの資格を持つ脇田尚揮がお教えしちゃいます。最も大切なのは「彼に対して自分がどこに座るか」、これだけです。たかが座り方、されど座り方。座る位置を考えることは、効果的な行動心理術と言えるでしょう。これをマスターすれば、今日からあなたも恋の勝ち組に!

1.彼の左隣

第一印象UP率は250%…心がときめく気になる存在

相手に対して左側にあなたが座る場合は、第一印象を決める上で最高のポジショニングと言えるでしょう。心理学的に左側半分は本音の顔、右側半分は建前の顔であるとされるので、彼に対してダイレクトに迫っていくことができます。
その上、彼の右脳が刺激され、あなたの情報が残りやすくなるという効果も。 あとは「今日は楽しかったね」など、アフターメールを送っておきましょう。彼があなたに対して少なからず気持ちがあれば、スムーズに次に繋げられるでしょう。

2.彼の右隣

第一印象UP率は110%…話が弾む、同調しやすい友達

理想は相手に対して「左隣」に座ることですが、右隣にせよ左隣にせよ、隣接して座る場合、気軽に話を進めることが可能です。ある意味、最も好感度の高い座り方と言えるでしょう。友達としてジックリお付き合いをスタートしたい場合は最適の位置です。しかし、第一印象から恋愛対象として見られたい場合や長期戦を望んでいない場合には、相手の身体にソフトタッチをする、二人だけの耳打ち話をするなど、併せ技の工夫も必要です。

3.彼の真正面

第一印象UP率は40%…「なんだかムカつく」無意識の敵対関係
彼に対して真正面に座る位置どりをしてしまった場合、かなり会話上手の恋愛上級者であることが求められます。というのも、彼に対して無意識の対抗意識を与えてしまうためです。彼はあなたの話に同調しづらいと感じてしまうので、気をつけながら会話を進めなければなりません。ただし、記憶に残りやすい場所なので、その後の展開で好印象に変えられるだけのテクニシャンならOK。ある意味、勝負をかける場所とも言えるでしょう。ただし、ディベートなどには最適です。

4.彼の斜め向かい

第一印象UP率はマイナス70%…「あれ、そこにいたの?」無関心な存在

彼から見て斜め向かいにあなたが見える座り方は、第一印象を決める上では最悪のポジショニング。むしろ好かれたくない相手や、ウザくて苦手な人をかわすための位置と言えるでしょう。
好き・嫌いの二者択一にものぼらない「無関心」という悲しい烙印を押されてしまうため、気になる彼に対してこの位置どりをしてしまった場合、即座に「席替え」をオススメします。トイレに席を立った際に、さりげなく場所を変えるのもOK。とにかくこの位置は一刻も早く離脱すべきです。

おわりに

第一印象UPのためには、いかに短時間で好印象を与え、短い時間の中で親密な関係を築いていくかにかかっています。メイクや髪型以外にも気にかけるべき点は少なくありません。男性は視覚で恋をする生き物なので、席の位置ひとつでも成否は大きく変わってきます。今回のテクニックは、実践応用度がかなり高めなので、是非ご活用ください。素敵な恋のチャンスを掴まれますことを!

(脇田尚揮/ハウコレ)

関連記事