2014.07.02

運気アップ!「月の満ち欠けリズム」を恋愛に生かそう


 私たち命あるものは、動物や植物を含め皆、多かれ少なかれ「月」の影響を受けています。潮の満ち引きや出産などはもちろん、感情などのメンタルリズムも大きく関わっています。
「月」の満ち欠けリズムを知って、恋愛に生かしていきましょう。

新月

 新月は新しいテーマのスタートです。ありのままの自分を受け入れて、自分を見つめ直してみましょう。これまで継続してきたことを、ダラダラと続けるのはふさわしくありません。
もし続けていくなら、考え方を切り替えたり、新たにフレッシュな気持ちが必要です。

シングルや片思いの人は、これまでの流れを振り返ると共に、気持ちも新たに恋に向けての対策を立てていきましょう。
カップルの人は、これからの二人の関係をより深めていくために、望んでいる付き合い方の方向性をはっきりさせていきましょう。

ただし、新月には、すぐに前向きな気持ちになれないことがよくありますが、安心してください。これから月が満ちていくにつれて自分自身にエネルギーが回っていくので、ゆっくり構えていましょう。

新月~上弦の月(半月)

 新月から上弦の月に向けて、新たなテーマや方向性に向かって、前向きに行動できるようになっていきます。恋愛についても、焦らずに一歩ずつ前進を。連絡を取りあったり、デートを重ねたり・・・。気持ちに正直に進めていきましょう。愛情が育っていくタイミングです。

上弦の月~満月

 上弦の月から満月に向けては、より情熱的になっていけるタイミングです。恋愛についての新しい手法やアイデアは、二人の絆をより深めていくのにうってつけです。後ろ向きにならないで、チャレンジ精神を大切に進めていきましょう。性的なエネルギーも高まっていくタイミングです。

満月

 満月は新月から築いてきたことの結果を手にする日。エネルギーも活性化します。他者目線を持つことによって、これから先へ進むヒントを得ることができるでしょう。
恋愛についてもこれまで以上に活動的になれるとき。恋人募集中の人は、積極的にアクションを起こしていきましょう。イベントや飲み会参加もお勧めです。カップルの人は、性的にも盛り上がるタイミングです。いつも以上に情熱的に愛を交わすことができるでしょう。
また、その一方で、満月は感情が不安定になりやすいときです。イライラしたり不安になったりしやすいので、愛を疑ったり過去の恋がフラッシュバックして感傷的になったりする人もいます。感情的になりやすい深刻な話題は、先に延ばした方が良いでしょう。

満月~下弦の月(半月)

 満月から下弦の月に向けては、満月の活気あるエネルギーを、少しずつ落ち着かせていくタイミング。恋愛においては、満月の状態を継続する流れとなりますが、同じようにはいきません。お互いの向き合い方など、若干調整する必要があるでしょう。

下弦の月~新月

 下弦の月から満月に向けては、不要なモノをどんどん手放していくタイミングです。恋愛においては、二人の愛情や関係が本物でなければ、関係性が希薄になっていきます。その反対に、二人の愛情が確かなものであれば、精神的な絆がより深まっていくでしょう。
愛を育むために、性的な関係よりコミュニケーションを大切にして、心の絆を強めましょう。また、この時期、もしも解消したい関係があるなら、スッキリと縁を切ることができます。

おわりに

 いかがでしたか? 28日間の月の満ち欠けリズムをどうぞ参考になさって下さいね。
皆さまの恋を応援しています!

(美園環希/ハウコレ)

関連記事