2014.07.04

いつかビックになる、かもしれない?大器晩成型彼氏の困ったこと・4つ


自分の店をもつ、自分の能力だけで食べていく、上司を持たず自分で会社を経営する、売れっ子漫画家や作家、デザイナーや起業家、などなど、雇用関係をもとにした安定した生活ではなく、自分の能力を信じて努力する男子の姿ってなんだか格好良いですよね。
そういった自分の足で立って歩きたいタイプの人は、努力の末に成功するもの。それにはそれなりの時間と労力がかかるものです。今回はそんな夢を追いかける大器晩成型(かもしれない)彼氏をもつ女子達に聞いた、ちょっと困ったことをご紹介します。

1.花開くかを見極めるのが難しい

「漫画家を目指して、コンビニバイト代とコンビニ廃棄食で生きている彼氏に、本当に才能があるのか・・・先が見えなくて不安です。」(26歳/派遣)

カレの極めたい才能に、どんな結末があるのかは、神のみぞ知るというもの。もう信じて応援するしか、彼女としてできることはないですよね。いつ結果が帰ってくるのかわからないものを待ち続ける不安や焦りは想像に難くないでしょう。カレの才能開花を前提で付き合うような心持ちだと、なかなか続かないかもしれません。どうなってもいい!というくらいの気持ちが必要そうです。

2.彼氏としてのエンタメ度は低め

「お金は十分には無いし、彼はほぼ毎日学校に行くから、友達カップルみたいに旅行とかにも行けない。ちょっと淋しいことが多いかな。」(20歳/学生)

住む世界が違うことによるギャップに苦しむ人も多いようです。なかなか彼ののめり込み度を理解できなかったり、わかってはいるのだけど、もっとふたりで普通に楽しみたいという気持ちが先行してしまい喧嘩をしてしまうなど、悩みは尽きないようです。それに、大器晩成だと若い間は修行ですから、カップルっぽい日常を過ごすのは難しいのかもしれません。

3.浮気っぽくなるかも

「最近仕事依頼が増えたみたいで、それは嬉しいけど、帰りが遅くなっているし、あまり二人で話せなくなってきて、彼のことがよくわからない。」(28歳/事務)

大器晩成型の男性は、30代以降に一気に出世街道を登っていくことがあります。20代で溜まったフラストレーションを一気に爆発させるように、隠れて浮気をしてしまうなど、苦労が実ったら実ったで新たな心配事が増えることも。それに、今まで二人三脚で歩んできたと思っていたら、急に距離が生まれてしまうこともあるそう。難しいですね。

4.別れた後が大変

「30歳で起業して有名になった元カレに、色んな場所に連れて行ってもらってたから、別れたあと同世代の男子がしょぼく見えて仕方ない。」(28歳/営業)

晴れてビックになった彼氏とダメになってしまうと、それはそれで苦労します。一度山の頂上を見てしまい、理想が高くなってしまうと、次の人を捕まえるのが難しくなることもあるそう。舌が肥えたのか、目が肥えたのか、どちらにせよフラットな気持ちに戻らないとダメですね。

おわりに

困ったことが4連発で萎えてしまうかもしれませんが、こういったクリエイター気質のある男子は、奇抜さや個性があって、一緒にいると楽しめる!という前向きな意見もありました。彼の才能を当てにするのではなく、何かあったら助ける!くらいの意気込みで一緒に楽しめるといいですね。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事