2014.07.04

冷静になるのが大事!?片想いのときの自分ルール・4つ


彼が自分のことを好きかどうか分からない、片想いの状態って切ないですよね。
でも、その切なさが恋をしていると実感させてくれるものです。そんな甘くて切ない片想い中、自分ルールを設けている女子も多いようです。いったい、どんな片想いルールを作っているのか、一般女子に聞いてみました。

1.自分からは連絡しない

「なんだか負けた気がしてくるし、自分からLINEして既読無視されたらショック過ぎるので、自分からは連絡しません。『そこまであなたには興味ないですよ』という態度を匂わせつつ、実際に会ったときはめっちゃ楽しそうに振る舞います。これって駆け引きなのかなぁ」(25歳/医療)

あらかじめ、返信はいらないと心に決めていればいいのかもしれませんが、相手から返信が来ないと落ち込みますよね。駆け引きを楽しむくらいの余裕が欲しいですね。

2.付き合う前にエッチしない

「絶対に付き合う前にはエッチしません。古い考え方かもしれないけど、その方が絶対うまくいくから。それに、付き合って初めてのエッチのドキドキ感って最高だと思います」(23歳/飲食)

付き合う前にエッチをすると、そのままセフレとなり彼女に昇進しないという話はよく聞きます。男性にとって、女性とエッチをすることが最終目的になっているようです。

3.ちょっとでも疑問点があったら冷静になる

「片想いで相手に夢中になっているときって、相手の悪い面が見えても『気のせいかな』って思っちゃうんですよね。それで、いざ付き合うとなると悪い面ばかり気になり始めてすぐ別れることもあります。
だから、片想いのとき、ちょっとでも疑問点があったら冷静になって考えてみます。そのまま片想いを続けている方が楽しいこともあるし、悪い面も受け入れる覚悟をしてみることもあります」(27歳/金融)

「付き合った途端彼が豹変した」というエピソードを聞くこともありますが、片想い時には気付けなかっただけというケースもあります。男を見抜く力を養っておきましょう。

4. 期待し過ぎない

「片想いのときって、ちょっとでも相手から優しくされると脈アリなのかもって舞い上がってしまいます。ドキドキしてときめくけど、もし、告白して振られちゃったときに今までの自分がバカみたいに思えてきてしまいます。嬉しいことがあっても、一度心を落ち着かせて、期待し過ぎないよう注意しています」(22歳/美容師)

片想い中、忘れてしまいがちなのが冷静な心。自分ばかり盛り上がった結果、撃沈という結果にならないよう、たまには客観的に自分や彼のことを考えてみましょう。

おわりに

みなさん、片想いの辛さを軽減させるたり、成就率を上げたりするため、様々な自分ルールを設けているようです。あなたも自分に合った片想いルールを作れば、切ない片想いを脱することができるかも!?

(姫野ケイ/ハウコレ)

関連記事