2010.09.02

もう悩まない!自分と新郎新婦との関係性別、結婚式ご祝儀の金額の決め方

親戚や友達の結婚式に呼ばれたとき、一番不安になるのがご祝儀に関するアレコレ。みんなどれくらい包んでいるのか、そもそも相場はいくらくらいなのか、気になりますよね。でも結局、仲のいい友達と相談して、何となく自分だけ浮かないように気遣うのが精いっぱいではないですか? きちんと調べて覚えておけば、そんな難しいことじゃないですよ。

覚えておきたい数字のアレコレ

よく慶事には割り切れる偶数は、別れを連想させるため避けられています。なので奇数が基本ですが、最近では「2」はペアと考えるようになり、2万円でも良しとされています。

この場合、1万円を2枚、ではなく、1万円1枚と5千円2枚と、奇数である3枚にしてご祝儀を出すとよいでしょう。また末広がりを意味する「8」はOK。10万円を贈る場合もあります。
やはり「死」や「苦」をイメージする「4」や「9」は避けてください。

金額は相手との関係性によりけり

ご祝儀の金額は、自分と新郎新婦との関係性の度合いによって決めるのが良いでしょう。それぞれに相場があります。下記を参考にしてください。

<友人、仕事関係の場合>

3~5万円が相場。だいたい披露宴のお料理が1~2万円、引き出物が1万円と考えれば妥当な値段です。自分の年齢が上がるとともに金額も上昇するので、 20代~30代なら3万円、40代以降なら5万円がベースだと覚えておくとよいでしょう。

20代前半など働き出して間もない頃は2万円でも珍しくありません。

<家族、親戚の場合>

兄弟、姉妹、甥、姪なら20代、30代は5万円、40代以降なら5~10万円が相場です。いとこなら、20代は2~3万円、30代は3~5万円、40代以降は5~10万円くらいでしょう。

<夫婦で出す場合>

夫婦で出席する場合は、2人で1つのご祝儀袋を提出します。1人2~3万円とすると、4万円もしくは6万円になりますが、前述の通り、偶数は縁起が悪いとされているので5万円包みましょう。

もし5万円では物足りず、7万円だと経済的に厳しいと感じるなら、5万円にプラス1万円分のプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

<欠席する場合>

出席した場合の半分、もしくは3分の1くらい。現金ではなく、プレゼントを渡すのもよいでしょう。お祝いの席で新郎新婦はたくさんの贈り物をされると思います。内容が重複してしまわないよう、仲の良い友達ならあらかじめ希望を聞いておきましょう。

おわりに

金額を決めたら、次は「ご祝儀袋の包み方」です。こちらにも色々とマナーがありますので、別項を参考にしてください。

関連キーワード

関連記事