画像でわかりやすく解説!御祝儀袋の選び方と包み方

ご祝儀は結婚式の受付で財布から出してそのまま渡せば良いわけではありません。今回は包み方のマナーをご紹介します。

まだ金額を決めていない人は「結婚式ご祝儀の金額 決め方」を参照してください。

水引は結び切り

大前提として、水引が「一度きり」の意味を持つ「結びきり」の使用が原則。「結びきり」とは、一度結んだらほどけない結び方のことです。

蝶結びのご祝儀袋もよく見かけますが、こちらは「何度も繰り返されてほしい」という意味があるので、婚礼での使用はタブーです。

ご祝儀袋の種類

ご祝儀袋はシンプルなものから、華やかに飾りつけされたものまでさまざま。これらは自分の好みで選ぶのではありません。包む金額によって選び ます。つまり贈る金額が高いほど、ご祝儀袋のデザインもゴージャスになっていきます。

それぞれのパッケージの裏に贈る金額の目安が書いてある場合が多いの で、参考にしてみてください。

正しいお札の包み方

1.新札が基本。当日慌てないよう、事前に銀行の窓口などに行き、新札を用意しておきましょう。

2.お金は中袋に入れます。市販のご祝儀袋は大抵、中袋が入っていますが、もしない場合は半紙などでお金を包んでください。
コンビニなどで買えるご祝儀袋はほとんど中袋付きですね。

3.お札は表面を上にしておき、折目にそって包みます。

4.包み終わったら、中袋の中央に入れた金額を漢字で書きます。
(一→壱、二→弐、三→参、四~九はそのまま、十→十、百はそのまま、千→阡、万→萬、円→圓)
3万円包んだ場合は「金参萬圓也」と書きます。裏面の左下には郵便番号、住所、氏名を忘れずに。



5.上包みを裏返し、下側の折り返し部分を水引から抜いて、中袋の表面を上にして入れます。それから上包みを折り、元の状態に。この際、上側から水引に通し、下側の折り返しが上に重なるように折ります。


6.水引きの中央下に縦書きでフルネームを書けば完成です。夫婦で渡す場合は、水引の中央下に姓を、その下、右側に夫 の名前、左側に妻の名前を書きます。連名の場合、3人以内なら水引の中央下から左側に向けて、年長者順にフルネームを。地位や年齢の関係がない場合は、五 十音順で。
4人以上の場合は、代表者の名前を書き、代表者の左側に「他一同」と書き添えます。そして半紙などの別紙に全員の名前を書き、中包みに同封しま しょう。会社名を記入する場合は名前の右に、少し小さめの字で会社名を書いてください。

裏ワザ

もし、新札にしておくのを忘れた!という場合は、ホテルによってはフロントで換えてもらえます。焦らずに、フロントで尋ねてみましょう。


ご祝儀がきちんと包めたら、続いては当日いかにスマート振る舞えるかです。「結婚式 ご祝儀の渡し方」を参照してください。
関連キーワード