2014.07.08

むくみを解消して、「痩せ見え」を叶える方法


朝起きたら顔がパンパン、夕方は足がむくんで靴が履けない、なんて方多いと思います。
ほとんどの女性はこのムクミのせいで太って見られてしまいがちです。是非、ムクミの原因をつきとめ、解消して本来の自分の体を取り戻してください。そうすれば、実はダイエットの必要はないかもしれませんよ。

1.ムクミの原因は大きく分けて二つ!

一つは肝臓や腎臓など内臓機能に問題がある場合です。長い間むくみが取れない方は内臓機能に問題があるかもしれませんので、一度病院での診察をお勧めします。

二つ目は体内の水分調整が悪い場合です。部分的なむくみは体の水分調整がうまくいっていない可能性が高いのです。

2.むくみの原因となる代表的な要因

・長時間のデスクワーク
リンパ液や血液の流れが悪くなってしまいます。

・ホルモンバランス
食生活の片寄りやストレスによってホルモンバランスの異常を引き起こします。

・水分や塩分の過剰摂取
水分を過剰に欲する場合、内臓に問題がある可能性があります。

・慢性的な冷え
慢性的な冷えは、リンパや血行の循環不良を引き起こします。

・体のゆがみ
骨格のずれやゆがみは、リンパや血液の流れを悪くしてしまいます。

以上のように、体のむくみのほとんどの原因はリンパ液や血液の循環不良によるものです。ですから、血行や内臓の働きをよくすることで、むくみがかなり改善される場合が多いのです。

3.むくまない体を作る基本は…

・入浴時、湯船に浸かる
これから暖かくなり、シャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、むくみの酷い方はなるべく湯船に浸かって、体の芯を温めるように心がけましょう。そうすることで全身が暖まり、血流が改善されます。

・正しい姿勢で体を動かす
長時間仕事などで座っていることが多い人は、なるべく背筋を伸ばし、正しい姿勢で座るようにしましょう。時々足の屈伸をしたり、や立って伸びをして血液を循環させましょう。
平日はなかなか運動できない方は、通勤時に一つ手前の駅で降りて歩く距離を延ばしたり、駅や会社では階段を使うように心がけてください。

・内臓をなるべく冷やさない
これから夏に向かって暑くなり、汗をかくことも多い季節になります。ついつい冷たい水分を補給してしまいがちですが、できれば常温や温かい水分を補給してく ださい。特にスポーツの合間の休憩時などは、冷たい物を飲むことで胃に負担がかかり、体力消耗に繋がりますので気を付けてください。

おわりに

むくみの原因は、普段なにげなく行っていることに起因していることが多いのです。ですから、これからは普段から意識しながら行動し、徐々に改善していくように心がけてくださいね。急に改善するとそれがストレスになって、むくみの原因になってしまうので注意してください。
むくみをとればそれだけで細く見えます。ダイエットより簡単です。

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事