2014.07.10

カレが思わず「はうっ」と声をあげてしまう4つの性感帯・下半身編


こんにちは。セクシャルアドバイザーの小室友里です。  男性の下半身への愛撫は、上半身への愛撫よりハードルもちょっぴり高めです。男性が一番気持ちいいと感じる、アソコへの愛撫を直接的に想像させるポイントへのタッチも含まれてきます。そして「こんなところも愛撫するの!?」と思うポイントも。 カレを愛する気持ちにちょっとだけ勇気を足して、カレの身体を愛してみてくださいね☆ 

1.腰

愛撫の要素とマッサージの要素で、彼の身体を癒しつつ快感へ導きます。 ドライマッサージで手のぬくもりを伝えるのもいいですが、マッサージオイルを使って、より滑らかな感覚をカレに味わってもらうのもいいですね。 
手の平全体を使ってゆっくりと外側へ向かって円を描きます。遠慮せず、たっぷり触りましょう。プロっぽく、イヤラシく…なんて考えなくても大丈夫。触れてあげるだけでカレの身体も心もホワホワ~っと軽くなっています。そのリラックスは男性の精力アップにも繋がりますよ。 

2.お尻

お尻を触られるなんて恥ずかしい!という男性も多いですが、「マッサージしてあげるよ」と言えば、素直に俯せてくれる男性も。 お尻の丸みに沿って、手の平全体で軽く圧をかけながらタッチします。お尻は気がつかない間にコっている部分です。日頃の疲れを癒してあげるつもりでタッチしましょう。 それから腰同様、手の平全体を使って外側に向かって円を描きながらのタッチを。慣れてきたら指先のみのエロチックなタッチも混ぜてみて。
 これは脱力系の愛撫なのでリラックスさせることが目的。だからカレのジュニアが元気にならなくてもOK!リラックスした後の、カレのアグレッシブなプレイに期待しましょう。 

3.ヒザの裏

肉感がとても柔らかく、それだけに敏感な部分です。 実際に愛撫されてみて「膝の裏がこんなに気持ちいいなんて知らなかった…!」という男性も多くいますが、問題は触らせてくれるかどうかです。お尻同様、「マッサージしてあげる」のアプローチから入るといいでしょう。エッチなイタズラがOKな関係なら、タッチの間にチュッorペロン!うっとりとした気持ちよさの中に、たまにはドキっとさせる、アンバランスな愛撫がカレの性欲をつかみますよ。 

4.アンダーヘア

だんだんとキワドい部分へ手を伸ばしていきましょう。ここまであなたの手が伸びてきたら、カレはもう触ってもらえるものだと思って期待しています。その期待こそ、カレの性欲をさらに掻き立てるエッセンスです。 もしゃもしゃとしたヘアをつまんだり、毛先だけふわふわとなでつけたり、愛撫というよりいとおしくもてあそぶつもりで。触れそうで触れないジュニアへの微妙なタッチに、そして、ヘアから伝わる刺激に、カレのジュニアは矢も盾もたまらなくなってしまいますよ。 

おわりに

する方も、される方も恥ずかしい下半身への愛撫。恥ずかしいけど頑張っちゃう。それも男性にとってはいとおしく映るものです。大胆に出来ちゃう人は、カレが「もう無理~」って言っちゃうくらいたっぷり愛撫して、もう他の女の子とはセックス出来ないカラダに仕込んでしまいましょう!  

(小室友里/ハウコレ)

関連記事