2014.07.15

猫背女子は要注意!20代も気をつけたい「ほうれい線」対策


20代女子は、まだまだ、おばあちゃんのような「ほうれい線」は気にしたことがないかもしれませんね。しかし、社会人になるとストレスが増え、まだ20代なのに、40代に見えてしまう「若年層の老け見え」が深刻化してきているよう!その原因の一つが「猫背」。スマホやPCに見入って、姿勢が悪い女子は要注意です!

1.「猫背」の害とは?

猫背になると、まず血流が悪くなります。すると食後の消化まで悪くなり、結果、むくみやすく、老廃物がたまる原因になるそうです。そうなってくると、美容に良いものを食べても、肝心の栄養素が肌へ届かず、脂肪も溜まりやすくなるようなので美容とはほど遠くなりそうですね。

2.猫背が原因でできる「ほうれい線」とは?

20代では関係ない!と思っているかもしれませんが、お肌の老化の一種なので注意したいですね。
猫背になると、前のめりの姿勢で重い頭を支えるので、首と肩にかなりの負担がかかります。そうすると、首が短く太くなり、頭に血が回らないので、顔がパンパンにむくみ、顔が大きくなってくるのだそう。そして表情も険しくなるので、20代でほうれい線が出てくることも!

3.改善方法3つ

姿勢を良くするのは大前提!その上で3つの簡単なおうちメソッドを紹介します。
・お風呂に入って血行マッサージ
→お風呂に入った時に、手をグーにして、反対側の腕を手のひらから肩に向かって強めにマッサージ!足は両手をグーにして踝(くるぶし)から太ももに向かって強めにマッサージ。全身の血流がよくなると、頭部の血の巡りも良くなるそう!

・スキンケア
→ほうれい線はお肌の老化現象でもあるので、この季節は紫外線ケアを忘れずに!毛穴のつまりなども肌を老けさせるので、クレンジングや洗顔で、お肌の汚れはキレイに取っておきましょう。

・夏でもお風呂上りは温かいものを飲むメリット
→お風呂上がりに冷たい飲み物は、例えノーカロリーの水やお茶でも胃を冷やし、血流が悪くなってしまいます。温かいものを飲むと、少量の水分であっても血の巡りがよくなり、水分の摂りすぎによるムクミ改善にもなるそう。

4.姿勢を良くすることのメリット

・代謝改善→体内の臓器が正しい位置に留まるので、消化や代謝がスムーズになります。
・プヨ肉対策→猫背のために、食べたモノの消化や代謝がスムーズに行かないと、余分な脂肪になってしまいます。姿勢を正して、プヨ肉が付きにくいボディを作りましょう。

5.未来が怖い…猫背を続けると

猫背は知らずに習慣化しているもの。まずは鏡を見て自分が猫背になっていないかチェックしたり、デスクワークが多い人は1時間に1度は席を立つなどの工夫が大切です。
「まだ大丈夫でしょ」と猫背を続けていると、「ほうれい線」を通り越して、「マリオネットライン」という口角の両横からあごにかけても濃い縦ジワが出現!これが「若年層の老け見え」続出の原因かもしれません。

おわりに

ダイエットや食事制限は難しくても姿勢を正すことは、気の持ちようで、今からでもチェンジできますよね。前のめりになるクセを治すだけで猫背習慣はある程度改善されますし、バストもキレイに見える美習慣なので、ぜひ取り入れてみましょう。

(丸田みわ子/ハウコレ)

【参考】
・神崎恵著(2013)『読むだけで思わず二度見される美人になれる』中経出版
関連キーワード

関連記事