意外!?男性ウケの悪いメイク・6選


最近ではネットや雑誌などで色々なメイク方法がでていて、自分で実際に試して研究するのが楽しいメイク。しかし中には男性ウケの悪いメイクもあるみたい。そこで今回は男性ウケの悪いメイクを紹介します。

1.つけまつげ

「バサバサしてて可愛くないよね。なんか目のまわりが真っ黒になってるし。」(27才/経営)

目も大きく見えて、かなり使いやすいつけまつげ。最近では100円ショップでも売られていて、かなりお手ごろ。しかし、男性ウケは悪いみたいです。ナチュラルなもので、つけ方が上手だと気づかれない場合も多いようなので、なるべくナチュラルなものを選んでください。

2.アイプチ

「まぶたが張り付いてる人嫌だよね!目つぶると白目になってたりとかしたら無理!」)19才/学生)

確かに下手にやってしまうと不自然になってしまうアイプチ。自然にできるようになるまで練習してからのほうが良いかもしれませんね。また、欲張って二重幅を広くとりすぎるのも要注意です。

3.オーバーなアイライン

「目の周り真っ黒なのって綺麗じゃない。汚い印象かも。あとすごいはみ出しちゃってる人は失敗したのか成功してるのかわかんないけど気をつけたほうが良いと思う(笑)」(25才/アパレル)

黒く目の周りを囲んだり、たれ目風にしたりと、目が大きく見えるアイライン。でもそれもやりすぎると男性は嫌みたいです。わざとはみ出して書いてるのに失敗メイクだと思われてたらなんだか恥ずかしいですね・・・。やりすぎには注意しましょう。

4.白すぎるファンデーション

「肌色となじんでなくて粉々しくなってるやつは嫌だね。あと首の色と顔の色が違うと萎える。」(23才/学生)

肌色が綺麗に見えるように、つい何度も重ねがちなファンデーション。塗りすぎて白くなっちゃうと男性もびっくりしちゃうみたい。夏場はどうしても浮いちゃうから多少は仕方がないんですが・・・そんなのは分かってくれません。こまめに汗を拭いて、粉々しくならないように薄く重ねましょう。

5.真っ赤な口紅

「なんかすごい真っ赤な口紅の人いるよね。芸能人とか顔立ちがはっきりしてる人がやる分には良いんだけど、普通の人がやると違和感しか感じない」(22才/学生)

マットな感じの真っ赤な口紅って攻めてる感じがしてかっこいいですよね。違和感もまたそれで良いみたいに思っていたのですが・・・どうやら違うのですね。

6.カラコン

「カラコンって目が死んでるように見える。あと、たまにすごい色のカラコンしてる人いるけど、もはや恐怖レベル(笑)」(21才/学生)

カラコンが嫌いな人は意外と多いみたい。「私は黒コンだし別に気づかないだろう・・・」と思っていても要注意。意外と黒コンに気がつく男性は多かったです。しかし、青や緑や黄色など奇抜な色にするくらいなら黒や薄めな茶色が良いという人が多かったので、次カラコンを選ぶ時はなるべく大人しめな色が無難かも。

おわりに

いかがでしたか?可愛くなろうと頑張っているのですが・・・難しいものです。逆に何のメイクだったら満足してくれるのでしょうか。やはりナチュラルメイクを極めるしか無いんですかね・・・ぜひ一緒に頑張りましょう。

(霧島はるか/ハウコレ)