2014.07.20

キャバ嬢から学ぶ!彼からワンランク上のプレゼントをもらう方法・4つ


“特別な彼からのプレゼントは何を貰っても嬉しいもの。”なんて言いながら、
カルティエのリングを貰っている友達を横目に、うらやましいな・・なんて思った経験ありませんか?ブランド物やちょっと豪華な物を貰うのに憧れを抱いている女子、実は多いのでは・・?という訳で、今回は貢がれ上手なキャバ嬢に彼からワンランク上のプレゼントをもらう方法を伺ってきました。欲しい物がある女子、必見です!

1.デートの時ブランド物を持ち歩く

「デート時にブランド物を小出しにして、ちょこっとセレブ感を演出。
すると自然に彼の意識に“プレゼントは安い物じゃダメ”って刷り込ませることが出来るよ!」(24歳/六本木勤務)

ほほう。特別な物を貰うには何気ない日常からのアピールが必要なんですね!ブランド物じゃら付け女子はお金がかかりそうと敬遠されがちですが、小出にすることで、敬遠はされず、いい物あげなきゃと思わせることができるとのこと。
庶民派なプレゼントしか貰ったことがないという女子、たまには彼をドキっとさせるような、高価なものを身に付けてみてはいかがでしょう。
“高価なものにも興味あったんだ!”と彼に気づかせることが出来れば、次のプレゼントは期待できるでしょう。

2.さり気なく「これ元彼から貰ったんだー!」と嫉妬をあおる

「高価なものを見せて元彼からもらったんだアピールは効果大!これ見よがしだと、性格の悪い女だと思われるから、さり気なく嫉妬をあおるのがポイントです!」(22歳/池袋勤務)

通常恋愛ではタブーと言われる元彼の話を出すのは邪道な気もしますが、プレゼントのためには手段を選ばないといったところでしょうか。ちょっと怖いです!とは言え、効果は期待できそう。どんなに心の広い男子でも彼女に本気なら本気な程、元彼に負けたくないと意地になってしまうでしょうから・・。“俺の方が元彼よりいい物あげたぜ!”と彼が喜んでくれるのなら、有難く頂戴してもバチは当たらないかもしれませんね。

3.絶対に買えない高級品をねだる

「一緒に雑誌を見ている時に本当は欲しくなかったけど、『100万円のドレスを欲しいー!』って騒いでみた。その後、クリスマスの時に20万のネックレスをねだったら、『あのドレスよりは安いしな・・。』と言ってすんなり買ってくれた!ラッキー!」(23歳 新宿勤務)

これまた、人の心理をよくついた作戦ですね。100万円をねだられた後の20万は確かに手が届く範囲の金額に思えてきますし、第1希望のドレスを買ってあげられないならせめて、2番目のネックレスくらいなら・・と優しい男子は頑張ってしまうのでしょう。あまり高額すぎると2番目の希望も通らない可能性があるので、値段設定は慎重に!

4.あなたから貰いたいということを伝える

「『今までで一番大好きな人に買ってもらいたいと思ってたんだ!』これが私の決めゼリフ!特に指輪とかは買ってもらいやすいよー!彼に自分は特別なんだと思わせることができれば成功の確率高し!」(25歳/錦糸町勤務)

純粋な男子のハートをずきゅんと射抜くセリフ。筆者にはこっぱずかしくて言えませんが、言わないで我慢するより、上手におねだりする女子の方が男子的にはかわいいのかもしれませんね。特にペアリングが欲しい女子の“あなたが特別だから一緒に指輪をつけたいの”というセリフは勝率が高いと思われます。単に物品がほしい口実ではなく本心9割でしょうから相手の心にも響きやすいですし、愛が深まる可能性も秘めていることでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
大胆かつ勇気のいる手口ばかりですが、何事も経験!記念日やクリスマスに是非、実践してみてください。
憧れが遂に叶うかも・・・!
ただし、言うまでもありませんが、愛する彼の懐事情も考慮に入れてくださいね。

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事