事前準備が必要?女子からの告白成功率を上げるテクニック・4つ


男性が草食化した昨今、女性からどんどん積極的に動いて行くしかありません。男性からの告白を待っている間に他の女性にとられる可能性もありますし、失敗するのが怖くて何もしない、というのは良くありません。

今回は、女性からの告白成功率を跳ね上げるテクニックをご紹介したいと思います。

1.友達から刺激してもらう

「他の子から、〇〇ちゃんが気になってるらしいよみたいなことを聞くと意識しちゃうね。それで告白されたら、他の子も応援してくれてるし付き合ってみようかなって気になる」(26歳/保険) 

友達から気になっていると言われると、直接アプローチをかけるより効果的です。「本当に気になってるのかな?」「次会うときどんな顔をしたらいいんだろう」と彼に自分のことを考えさせることができます。男性は人の期待に応えようとする生き物です。そういった外部の力を使うと成功率は上がります!彼の一番の親友を味方にするのも手です。

2.知り合って3ヶ月以内

「知り合ってけっこう経つ女の子は恋愛対象から外れるね。もう友達として定着しちゃってたら今更恋愛するのも恥ずかしいし。上手く付き合える気がしないもんね」(24歳/メーカー)

男性は友達になった女の子と恋愛するのは恥ずかしいという気持ちがあります。今まで普通に接して来たのに急に切り替えられないよ、と照れてしまいます。そうなる前に、気になる男性に対しては知り合って三ヶ月以内に告白するべきです。恋愛対象から外れて友達にシフトチェンジする前に、申し込むのです。告白の極意として、相手の恋愛対象内にいるときに限りするものです。

3.楽しそうなビジョン

「付き合ったらこういう付き合い方ができるとか、こういうデートしたいなって思い浮ぶ女の子と付き合いたい。ビジョンが見えないと怖いからなかなか付き合えないよね」(25歳/教育)

男性は女の子と付き合うときに上手く付き合えるかどうか考えます。どこで会うのか、どういう遊びをするのか、休みは合うのか。そういうことを考えた上で付き合います。自分と彼の上手い付き合い方をあなたが提示してあげれば、彼も告白を受け入れやすくなります。

4.イベント日を狙う

「理想なのは、夏祭りとかで告白されたら絶対付き合うよね。バーベキューとかもいいなあ。楽しいときに言われたら断る理由ないもんね」(26歳/放送)

告白するならイベント日に限ります。夏祭り、バーベーキュー、納涼船、旅行、特別なパーティーなどの帰りに言われると、テンションが上がっているので男性も受け入れやすいです。気になる男性とこういう場所に行くチャンスがあれば是非告白してみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
男性は女性からの告白を待っています。そして女性からの告白なんて断らないでしょう。彼女が欲しくてたまらない男性ばかりです。言ってみたもん勝ちです!失敗を恐れずに確立をあげながら挑戦していきましょう!
 
 (白武ときお/ハウコレ)