2014.07.25

もう夢中!?彼が「結婚したい」と思う瞬間・4選


「彼と結婚できたら・・・」そう思う人も多いのではないでしょうか。大好きな彼と結婚できたらとっても嬉しいですよね。同じく彼にも、あなたとの結婚を思わず意識してしまうことがあるみたい。そこで、今回は彼があなたと「結婚したい」と思う瞬間を紹介したいと思います。

1.美味しい料理を作ってくれたとき

「彼女と付き合って、初めてご飯を作ってもらったんですよ。そしたらそれがめっちゃ美味しくて。結婚したらこれ毎日食べれるのかななんて想像しちゃいました。」(26才/営業)

美味しい料理で今後のことを考えてくれるなんて嬉しいですね。「美味しい」と言って食べてくれるとこちらも幸せな気分になれちゃいます。将来お嫁さんになるにはかかせない料理。苦手だなと言う人は今のうちにコツコツと練習して、彼の胃袋もがっちり掴んじゃいましょう。

2.電車で子供に手を振っていたとき

「電車乗ってた時に彼女がいきなりにこにこして手振り出したからなんだろうと思ったら小さい子にずっと手振ってた。子供好きなんだなーってなごんだし、子供できたらこんな顔してくれるのかなとか色々思った。」(28才/公務員)

電車やバスに乗ってる子供って見てるだけでなごみますよね。そんな子供に思わず手を振っちゃったり、にこにこしちゃったりする気持ちは良く分かります。実際そんな所を彼に見られるのは、なんだか恥ずかしいですが、彼はそんなあなたを見てほほえましく思ってくれてるみたい。彼の前だから押さえたりする必要はないようですね。

3.脱ぎ散らかしてた服をたたんでくれたとき

「彼女と泊まった時に、俺が風呂入る前に適当に上着とか服とか散らかして入ったんだけど、出てきたら全部綺麗にただんであって、バスタオルとかも知らない内に干してあったし、小さな気遣いしてくれて良い奥さんになってくれるだろうなって思った。」(25才/アパレル)

小さな心遣いがポイントのようです。「褒めて褒めて!」なんて主張してはいけません。さりげなくやってくれればやってくれるほど、それに気づいたときに彼は喜んでくれるみたい。いつまでも気づいてくれなかった場合は主張しすぎない程度に可愛くアピールすると彼も褒めてくれるかも。

4.一緒にいて癒されるとき

「今の彼女は今までの人と違って、一緒にいて心地良い。癒されるんだよね。そういう心地良さってやっぱり結婚にも大事なんじゃないかなって思う。」(27才/出版)

女性にとっても居心地の良さって大事ですよね。一緒にいるだけで癒されたり、一緒にいるだけで幸せだと思えたり・・・そんなことほど素敵なことはないです。彼を包み込んであげられるような、優しい女性になってください。

おわりに

いかがでしたか?皆さんもぜひ以上のことに気をつけてみて、彼に「結婚したい!」と思わせてくださいね。しかし無理に演じるのは疲れてしまうもの。無理しない程度に、努力していきましょう。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事