女子の本音!ぶっちゃけ避けたい「結婚相手の職業」・4つ


「結婚相手を職業で差別するなんて最低!」
頭では分かっていても、結婚となると「でもやっぱり……」と気になってしまうのが男性の職業。
このたびハウコレが行ったアンケート「Q.ぶっちゃけ避けたい“結婚相手の職業”ってある?」では、実に84%の人が「ある」と答えました。人には公言しにくい女子の本心を探ってみましょう。

1. 医師

「女性関係がだらしない。看護師との浮気のケースをかなり見てきた」(30歳/女性/医療・福祉)
「勉強しかしてこなかったのかと思うほど人間的な魅力がない人が多い。職業柄、医者はいっぱい見てきたけれど、絶対に結婚したくないNO.1です」(34歳/女性/医療・福祉)

……意外にも回答の上位を占めたのが、結婚相手として人気であるはずのこちらの職業。
特に現場で接する医療関係者から衝撃的なコメントが寄せられました。
特殊な世界に住んでいるので考えが合わない、といった点が避けたいポイントのようです。

2.公務員

「教師は世間知らずが多く、上から目線でいらつく。私はあなたの生徒ではないし、馬鹿呼ばわりされる覚えはない!」(34歳/女性/医療・福祉)
「消防士。出会いが多いから、浮気のチャンスがずっとある。実際に友達3人が消防士と浮気中」(26歳/女性/アパレル)
「警察官。自分の命を犠牲にして市民を守る崇高な職業だが、いつ事故に巻き込まれるかわからないと思うとつらい」(20歳/女性/学生)

……こちらも婚活市場では望まれるはずの公務員ですが、できれば避けたい、という声が。
医師同様、特異な職場で多くの時間を費やす彼についてゆけない、または生命の危険にさらされる可能性もある……というのが結婚したくないおもな理由のよう。

3.フリーター、現場系の職業

「フリーター。夢を追うのはいいことだけれど、うまく行く人はほんの一握り。お給料は高くなくてもいいから、結婚となればできれば転職を考えてほしい」(21歳/女性/学生)
「トラック運転手の元彼。仕事柄、当日になってみないと予定が立たず、休みが全然なかった…。彼と一緒に思い出をたくさん作りたかった私には向いていなかった」(29歳/女性/アパレル)
「男ばかりの現場系。浮気の心配はないと思いがちですが、先輩からの紹介だとか、合コンだとかで意外と出会いが多く、休日も空いていない。ずっとデートもできず、別れました」(28歳/女性/学校・教育関連)

……収入が不安定、休みが合わない、という意見が多数を占めました。
ただし、たとえ給料が低くても、「目標があって頑張ってる人なら別でむしろ応援したい」(26歳/女性/食品)という意見もアリ。

4. バンドマン、バーテンダー、美容師

「バンドマン。モテるから不安になっちゃうし、収入も少ない。でもやっぱりカッコいいから困る…」(25歳/女性/IT)
「美容師など、人への褒め言葉をサラッと言える職業はアウト。仕事とは言え、軽そうに感じる」(26歳/女性/医療・福祉)
「ホストの彼。どこまでが仕事でどこまでがプライベートなのか分からなかった」(31歳/女性/医療・福祉)

……バンドマン、バーテンダー、美容師の頭文字を取ったいわゆる“3B”と呼ばれる職種も上位にランクイン。
なによりも女性との出会いが多い職場ゆえ、とにかく浮気が心配!という本音が多く寄せられました。

最後に神崎桃子から愛のメッセージ

これら女性の回答した上記の職種は、「その仕事だから嫌われる」のではなく、「女性を不安にさせる環境であるため」と言えるでしょう。

「忙しいのはわかるけど、もっと会いたい……」
「彼との将来を真剣に考えたいからこそ、ここがイヤ」
……不満とは彼と一緒にいたいからこそ湧き上がる、好意のあかしなのです。

もしもこれらの職業の彼を好きになったとしても何も不幸になるとは限りません。
ただ単に「この仕事だからイヤ」というのではなく、「この仕事に就いていることによって起こる彼の○○なところが困る」「○○なところが心配」という点をきちんと把握してから彼と向き合ってみましょう。

その話し合いを拒絶したり、聞く耳を持たないような彼こそが、あなたが別れを告げるべき相手なのです。
逆に、あなたときちんと向き合い、あなたの懸念を取り除こうと努力してくれた彼こそが、どんな職業であっても共に将来を築くことのできる運命の相手である……と言えるでしょう。

(神崎桃子/ハウコレ)